XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

業務委託を支援するサービスのポイント

2021.10.02

新規事業

昨今、フリーランスとして個人で働いたり、既存の仕事とは別に副業で稼いだりする方が増えてきています。これは、働き方改革や新型コロナウイルスの影響もあり、自分の時間で場所にもとらわれず、自由に働けることから非常に注目が高まっています。仕事内容に関しては、企業からの業務委託という形で、自分の得意分野を活かし対応可能な仕事を請け負う傾向にあります。与えられた仕事をただこなすのではなく、自分に合った仕事を好きな時間に好きな場所で実施できるという点も、フリーランスや副業で働く魅力の一つです。
このような企業から業務委託で働くことは、先ほどの魅力を含め多くのメリットがある一方で、企業側から業務委託を受けなければ案件をこなして報酬を得ることもできないというデメリットもあります。フリーランスや副業を目指す人にとって、この仕事を受注するということが重要で、報酬を稼ぐ上での大きな関門にもなっています。過去に働いていた会社からの紹介や、取引先や付き合いのある方からの紹介があるのでしたら問題ありませんが、多くの方はこの人脈が無く、業務委託を請け負うために営業や宣伝活動を行っている傾向にあります。
ただ、この営業や宣伝活動は苦手のため、フリーランスや副業として活躍したいと思っても、なかなか案件を受けられないケースも多いでしょう。そのような人のために、現在では多くの業務委託の案件を支援するサービスが存在してきています。これは、ビジネスマッチングやクラウドソーシングとも呼ばれ、フリーランスや副業を目指す方は、このような業務委託を支援するサービスを活用しています。今回は、この業務委託を支援するサービスを効果的に活用するためのポイントについて、概要とともに紹介していきます。

業務委託の案件を支援するサービスとは?

業務委託の案件を支援するサービスは、企業とフリーランスや個人事業主をマッチングさせることを目的とし、多くの案件が紹介されています。企業側としてもフリーランスや個人の方に案件を依頼することは、外部業者に依頼するよりも比較的安く、融通も利きやすいため大きなメリットがあります。フリーランス側も、一般的には先ほどふれたように紹介による受注が見込める人は少なく、且つ営業や宣伝活動が苦手な方が多いため、紹介された案件の中から自分に合った仕事を応募することは、営業・宣伝活動の手間が軽減でき非常にメリットがあります。
特に、対面での契約や直接企業に対して自分を売り込むことが苦手なフリーランスや個人の方は、業務委託を支援するサービスの活用は効果的でしょう。基本的に業務委託を支援するサービスはインターネット上で完結し、直接企業と対面しなくても案件を請け負うことが可能です。クリエイティブや調査分析などのノウハウや実績はあるものの、コミュニケーション能力が弱い方は多くいらっしゃいます。ただ、ビジネスマッチングにおいては各サービス側が仲介役として対応してくれるため、コミュニケーションが苦手な方でも安心して実務に注力して対応することができます。また、フリーランスになりたての方にとっても、まずはビジネスマッチングにて業務委託の案件を支援するサービスを受けることは効果的です。いくら実力があっても、案件を受けられなければ報酬は発生しません。安定した収入を得るためにも、最初は業務委託の支援を受けられるビジネスマッチングを活用するといいでしょう。

ビジネスマッチング

ビジネスマッチングとは、文字通り企業とビジネスパートナーを見つける場を提供するサービスのことを指します。支援するサービス形態によってクラウドソーシングやエージェントサービスとも呼ばれています。比較的安価に業務委託を行いたい企業側も、個人で活躍するフリーランスに案件を相談したいと考えています。とはいえ、フリーランスを探す手間や時間はかけられないため、ビジネスマッチングサービスを活用し多くの案件を掲載しています。一方でフリーランスにとって案件を請け負うことは非常に重要である反面、営業活動が苦手で希望する仕事内容を見つけられないケースが多くあります。このような背景から、需要がある人(発注企業側)と供給したい人(受注フリーランス側)が集まるビジネスマッチングサービスは、業務委託を支援するサービスとして非常に需要が高まっています。

ビジネスマッチングのメリット

ビジネスマッチングは、営業活動が苦手なフリーランス側からすると非常にメリットの大きい業務委託支援サービスとなります。ここではいくつか具体的にビジネスマッチングのメリットについて紹介します。
①効率よく業務委託を請け負うことが可能
営業や宣伝活動が苦手なフリーランスの方は非常に多くいます。専門性が高いスキルや実力を持っているにもかかわらず、売り込みが苦手で案件を請け負うことができないケースでも、ビジネスマッチングであれば比較的簡単に業務委託の支援を受けることができます。募集されている案件の中から、自分に合った案件を選択して応募するだけですので、初心者でも簡単に仕事を請け負うことができます。もちろん応募した全てが受注につながるわけではありませんが、一から広く営業活動を行う手間を考えれば効率的に業務委託を請け負うことが可能です。
②副業としても実施しやすい
フリーランスとは別に、企業に努めつつ副業を行う方も増えてきています。このような方も、案件を請け負うためにはフリーランス同様に営業活動が欠かせません。ただ、これもビジネスマッチングであればインターネット上でスマホからでも案件を確認でき、すぐに応募手続きも可能です。スキマ時間を活用して手軽に始めやすいという点も業務委託を支援するサービスを活用するメリットとして挙げられます。
③実績が可視化され支援の幅も広がる
ビジネスマッチングを提供するサービスによっては、案件を請け負ったフリーランスや個人の方の実績が可視化されるものも多くあります。実績が溜まれば、それが自分のスキルや経験値として企業側に伝えることもできます。企業側も同じ報酬であれば実績やスキルの高い方に依頼したいと考えます。そのため、ビジネスマッチングサービス上で実績が分かれば、より高単価の業務委託の案件を支援してもらえる可能性も高まります。

業務委託を支援するサービスを押さえる

業務委託を支援するサービスは、フリーランスや個人の方などで案件を定期的に受注するためには欠かせないサービスになってきています。これにはビジネスマッチングのようにマッチングサービスを活用する場合と、エージェントサービスを活用する場合の2つの方法があります。業務委託を支援するサービスとして押さえておくと効果的です。

マッチングサービスを活用する

マッチングサービスの活用は、基本的には登録無料で誰でも活用可能な業務委託を支援するサービスです。業種や内容問わず多くの案件が紹介されていますので、自分のスキルや能力にあった仕事内容を探すことができます。案件提供している内容は、各マッチングサービスによって異なりますので、まずは複数のマッチングサービスに登録し、案件の内容や使い勝手などから自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

エージェントサービスを活用する

また、フリーランス向けに企業との間にエージェントが入って業務委託の案件を支援してくれるサービスもあります。希望する仕事内容や条件、報酬単価などをエージェントが事前に確認し、フリーランスにあった案件を代行して支援してくれます。IT系のエンジニアやデザイナーのような方向けに多くなりますが、業務までの細かな企業とのやり取りや契約手続き等も対応してもらえますので、ニーズにマッチするのであればエージェントサービスも活用すると効果的です。

まとめ

いかがでしょうか。
業務委託を支援するサービスは、需要がある人(発注企業側)と供給したい人(受注フリーランス側)のニーズを汲み取り、非常に需要が高まってきています。ビジネスマッチングのサービスは、各社特徴や強みを活かして展開していますので、自分に合った支援サービスを活用すれば、効率的に業務委託の案件を受注できるようになるでしょう。今回紹介した内容も是非参考に、業務委託の受注につなげていきましょう。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援