XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

リスティング広告にかかる費用? その市場価格と実際の決定方法

2021.09.11

広告運用

多くの人々は、リスティング広告の掲載を開始するのにどれくらいの費用がかかるか知りたいと思っています。広告を掲載する費用を理解していないと、不採算の広告費用になってしまう可能性があります。この記事では、リスティング広告の市場価格、決定方法の要点、費用削減のための対策について説明します。

リスティング広告の費用市場

月額約20万円から50万円のリスティング広告費用がかかります。金額は「クリック課金方式」により変動し、市場規模により変動します。また、無条件とは言えませんが、平均広告額は約30万円と言われています。事前に市場価格と平均値に基づいて予算を想定することで、「予想を超える費用増」の問題は発生しません。
まず、費用を想定しましょう。ただし、宣伝するときは、予算だけを考慮することはお勧めしません。これは、データによって結果の値を正確に確認できるため、結果に基づいてリアルタイムで修正されるリスクが少なくなるためです。
したがって、最初から多額のお金を使うのは良い考えではありません。この点について、詳しくご紹介します。また、広告費の設定の具体的なポイントもご紹介しますので、参考にしてください。

リスティング広告の費用を決定する方法の要点

実際にどのように費用を決定しますか? ここでは、いくつかの方法でリスティング広告費用を決定する方法を紹介します。

達成目標からのみた逆計算

目標から始めて、リスティング広告を掲載する費用を考えてみましょう。まず、換算(コンバージョン)単価を理解する必要があります。
換算単価は、リスティング広告から得られた結果の費用です。
換算価格=広告費用÷換算数
この式の使用を検討します。1案件でリスティング広告費用10万円で換算した場合、換算単価は10万円となります。1案件10万円とすると、市場によっては非常に高額になります。この広告費用をより具体的に計算してみましょう。上記の式を少し並べ替えます
広告費用=目標コンバージョン単価xコンバージョン数
次に、目標コンバージョン単価からリスティング広告費用を計算できます。コンバージョン単価は、ウェブサイトでのリスティング広告の費用対効果の尺度でもあります。また、業種や業種によって変動が大きく、基準額の決定が困難です。実際に広告事業を開始した後は、定量化された情報に基づいて最適な費用とリスティング広告掲載を行う必要があります。まずは、希望する販売量を把握し、そこから結果目標を計算し、リスティング広告費用の予算を立てることだと言えます。

クリックあたりの市場価格

平均クリック単価は、キーワードによって大きく異なります。したがって、ターゲットにするキーワードを設定し、そのキーワードのクリック数を見積もります。見積もり方法として、グーグルやヤフーが提供するツールがあります! 「投稿するキーワード」と「クリック単価の最大値」を見積もることができます。
このツールを使用して見積もり費用を計算し、それに基づいて計算することをお勧めします。このようにして、必要な費用の大まかなアイデアを得ることができ、平均クリック単価に基づいてスムーズに進行しているかどうかを測定できるため、運用の改善が容易になります。

相談は代理店へ

リスティング広告費の計算に時間がかかりすぎる場合は、集客に必要なリスティング広告コンテンツのキーワードやテキスト、スローガンを選ぶのに時間をそんなにかけられません。この場合、本来得られるはずのリスティング広告効果が大幅に低下します。
この場合、エージェントに相談することを検討する必要があります。広告代理店は外出中の専門家であるため、通常、業界の予算とクリック単価の見積もりを理解しています。専門家に相談することで、正確な広告結果を簡単に得ることができます。

リスティング広告の費用を削減する方法は?

前項で述べたように、リスティング広告の市場価格は月額約20万円から50万円です。ただし、多額の費用をかける余裕がない場合もあります。可能な限り低い費用で広告を運営するためには、ポイントを減らすことが非常に重要です。こうすることで、低費用で良い結果を出してリスティング広告を運営することができます。ここでは、さまざまな方法を詳しく紹介し、費用削減のポイントを挙げます。

目標を絞り込む

大規模なリスティング広告運営には、ターゲットを絞らない広告をお勧めします。「ターゲットを絞りすぎない」のが良いと言われています。
ただし、小規模な操作の場合、この方法は適切な選択ではありません。これは、対象外の方法は幅広い人に認識されるためですが、認識が向上しても直接署名やコンバージョン率の低下にはつながりません。
したがって、価値の低いオペレーションの場合は、コンバージョンに直接関連する広告をターゲティングして配信することをお勧めします。具体的には、ウェブサイトでのコンバージョンに直接関連するクエリ(検索キーワード)を参照して、検索結果を検索するための検索キーワードのレベルを設定することが重要です。Google検索コンソールなどの検索キーワードを検索するツールがありますので、それらを使用して検索することをお勧めします。

キーワードを絞り込む

これはターゲティングに関連していますが、キーワードの範囲を狭めることも重要です。キーワードを拡張しすぎると、多くのユーザーが検索しますが、それに応じてクリック数が割り当てられ、クリックあたりの成約率が低下します。これが発生すると、リスティング広告運営費が高くなり、取引率が非常に低くなり、期待した効果が得られなくなります。
少額の費用で効果的にリスティング広告を掲載したい場合は、頻繁にクリックされるキーワードを検索し、これらの単語を検索しているユーザーに直接広告を表示することが重要です。効果的な方法として、検索リンク広告の実際のキーワードに焦点を当てることをお勧めします。
これは、費用対効果が高く、購入する可能性のあるユーザーに直接配信できるためです。ディスプレイ広告はそれほど費用対効果が高くないため、予算が少ない場合は検索リンク広告を使用してください。

配信範囲を縮小する

Google広告やYahoo!広告サービスを使用すると、狭い配布エリアに広告を配置できるため、より多くの結果を期待できます。エリアを狭めることで、自社の広告効果の浸透が期待できます。もちろん、エリアを狭くするとリスティング広告の範囲が狭くなると思うかもしれませんが、これは良い選択ではありません。
ただし、少額の資金でリスティング広告効果を出すために、接続が難しい場所に配置する必要はなく、直接広告が正しい選択と言えます。たとえば、ユーザーが実店舗を訪れたときに、店舗周辺に広告を絞り込むことで、効果的にリスティング広告を掲載することができます。限られた予算で効果的にクリックを獲得する方法を検討している場合は、配布エリアを選択する方が簡単です。

リスティング広告費用の実装と実行

リスティング広告は、一度アクセスしたことがあるが、画像やテキストを複数回購入したことがないユーザーと再接続する方法です。ウェブサイトに一度アクセスしたことのあるユーザーは製品やサービスに興味を持っている可能性が高く、あなたの測位精度はより高くなります。
たとえば、エステティックWebサイトにアクセスしたことのあるユーザーは、以前にクリックしたことがなくても、間違いなく興味を持っています。これらの潜在的な顧客が直接リスティング広告を表示できるようにすることで、クリック率が向上します。このようにして、コンバージョン費用(CPA)が削減され、少量のリスティング広告で優れた結果を得ることができます。

マッチングタイプの設定

Googleには、検索キーワードの一致率が高いキーワードに最高の優先度を与える優先度ルールがあります。注意深く見ると、マッチングには「完全一致」、「フレーズ一致」、「ナローパーシャルマッチ」、「パーシャルマッチ」の4種類があります。
これらはキーワードの配置と類似性に基づいて判断され、最も一致率の高い優先表示がルールとなります。このルールを理解し、レポートをチェックして、正しく一致するかどうかを確認しましょう。
マッチタイプを制御することで、人気のある検索をターゲットにしてクリック率を上げることができますが、同時にCPA(獲得単価)も上がるのではないかと懸念されます。
低費用を実現し、取得数を最大化するためには、マッチングタイプを適切に使用し、両者のバランスを考慮する必要があると言えます。

まとめ

リスティング広告の場合、コンバージョンの入札単価と目標を常に確認して調整することが重要です。 これにより、広告費用と結果の比較をよく理解できます。さらに、予算内で効果的な広告運営を検討している場合は、検証済みのローカルポートフォリオの使用を検討してください。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援