XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

新規事業にすぐに使える考え方を超思いつくには

2021.08.18

新規事業

「頭の中で新しいビジネスのアイデアが思いつかない!」と心配する方も多いのではないでしょうか。この場合、アイデアを劇的に生み出す考え方はたくさんあります。
結論に触れますと、新規事業について考える最もお勧めの方法は、「メモやノート」を使うことです。言い換えれば、アイデアは最初からあるのではなく、いくつかの情報を組み合わせてアイデアの精度を向上させることによって正確性がアップします。
手を動かし、紙に情報を載せて考え、メモを組み立てるという発想です。
しかし、突然メモが要求された場合、新しいビジネスコンセプトを作成することは困難です。その理由は、メモを取る目的が明確ではないためです。メモを書くときは、メモの情報に注意することが重要です。
この記事では、メモを書く主なポイントに基づいて、メモから新しいビジネスアイデアを考える方法を紹介します。

世界を変える新規事業ビジネス思考に関する考え方

世界を変えるマインドメモを考えるとき、どう思いますか?
Twitterの創設者ジャック・ドーシーが書いたメモと、Amazonの創設者ジェフ・ベゾスがナプキンに書いたアイデアは有名ですが、世界を変えた創設者の「メモ」にはポイントがあります。
スポンサー、機能、エンジン
誰が最初にそれを使用するか、その特徴は何ですか、そして最後にそれをどのように流通させるか。これら3つのポイントがビジネス哲学の基盤です。圧倒的なアドバンテージで競争に勝つことで、これは成功しなければならないビジネスアイデアになります。
しかし、そんな新しいビジネスは考えられません。
したがって、メモに「スポンサー、機能、エンジン」と書いて、新しい組み合わせを思い浮かべることが大切です。
メモを書く主なポイントに応じて、新しいビジネスアイデアを覚えるアイデア方法を説明します。
これらの新しいビジネスを考案する方法は、海外の多国籍企業の主なアイデアになっています。

新規事業バリューチェーンを文書化する考え方

あなたの会社の事業活動(バリューチェーン)において各部門が果たす役割、会社の価値への貢献、そして顧客の評価を詳細に書き留めてください。
言い換えれば、会社の管理リソースの完全な目録を作成し、見過ごされがちな利点を特定するようにしてください。
それを書き留めると、次のようなものが見えてくるはずです。

メモ例とケース

メモ例として、
•顧客評価のためのWebサービスインターフェイス
•スモールバッチサポートと例外サポート
•期待に沿った信頼できる品質と技術
•短納期で遅延のないロジスティクス
会社の強みを別の考え方と組み合わせることができれば、それは新しいビジネスの考え方であるはずです。すなわち、強みや弱みを的確に把握することです。
ケースとして、
例えば、富士フイルムが膜という技術を応用して化粧品業界に参入したことは有名な話です。おそらく彼らが参入するとき、顧客の悩みや心配を解決するために彼らの利点を使うことができるかどうか見るためにいくつかの新しい組み合わせを思い付くでしょう。

新規事業バリューチェーンおよび顧客の不満・欲求からの考え方

業界の新規事業バリューチェーンからの考え方

業界全体のバリューチェーンの考え方は、業界の上流から下流に至るまで、さまざまな「現在起こっていること」や「将来起こりうること」を収集することです。
業界のさまざまな状況が問題として表示される場合や、一部の企業が解決策を提供している場合があります。それどころか、これは大きな問題ではなく、世界は過剰反応する傾向があります。
重要なのは、「困っている」「欲しい」などの感情表現を書き留めるのではなく、事実を書き留めることです。

メモ例とケース

メモ例として、
•トンネルや橋などの老朽化したインフラ(建設業)
•労働力不足は配達エラーの増加につながる(ロジスティクス業界)
•外国人観光客の数は増え続けており、顧客にサービスを提供する際に外国語で対応します(小売業界)
ケースとして、
たとえば、カーシェアリングサービスUberの創設者であるTravis Kalanickは、「世界中で所有されている車の5%未満」に焦点を当てて商品化したと伝えられています。焦点を当てているこれらの事実は、新しいビジネスについて考える方法のバックボーンになることが多いため、新しいビジネスについての考え方として、さまざまな状況を書き留めることは非常に重要です。

顧客の不満・不安・希望・熱意からの新規事業の考え方

担当者のミクロ情報とそれを利用する消費者のミクロ情報も、新たなビジネスアイデアを生み出すために欠かせません。ミクロの情報は必ずしも業界の声ではありませんが、多くのヒントを見つけることができます。
また、人間の伝達ではなく、できるだけオリジナルトーンを聞くことをお勧めします。
B2Bでは、担当者と担当者が直接アポイントを取り、率直な意見を聞くことができ、新たなビジネスが生まれる可能性があります。
B2Cを使用する場合は、消費者と直接話し合い、消費者がどこで使用しているかを観察して、調査結果を書き留めます。
企業や業界のバリューチェーンに関しては、事実に基づいたメモを書くことに重点が置かれていますが、顧客に関しては、感情的なメモを書くことも重要です。

メモ例

•何に特に注意を払い、何に満足し、何に腹を立てていますか?
これらの感情的な側面を組み合わせてメモを残すと、たとえば、「新たな使用法を提案できますか?」「自社製品以外のメンテを行うことはできますか?」「そのような機能を追加できますか?」などに気付くかもしれません。カスタマーサービスオフィスでは、顧客の声(VOC)を認識するのが最善です。

同じ業界の他社企業と成長企業の新規事業の考え方

同じ業界の他社の新規事業に注目する考え方

同じ業界の他の企業が新規事業に参入する場合、それを自社の新規事業として扱うことも有効です。
具体的には、「同業のレストランでランチの訪問販売に入った後、自社でも考えてみよう」という発想です。
新規事業にもよりますが、後発者のメリットはリスクが低く、すでに発生している問題を解決しやすい、つまり区別しやすいことです。品質、性能、価格、納期、サービスなどで競合他社との差別化を図ることができれば、勝つチャンスがあります。

メモ例

•X社、ドローン散布農薬サービスの開始(2021年2月)
•Y社、仮想通貨を使用した決済サービスの開始を発表(2021年8月)

成長企業の新規事業に注目する考え方

関心のある魅力的な成長企業や業界に焦点を当て、新しいビジネスの内容を書き留めます。また、会社の強みで事業を把握できるかどうかを知るための効果的な方法と考えられています。
自分の興味から会社に注目していることを時系列で理解できるので、新事業の発表を聞いたとき、なぜ新事業に従事すべきなのか、新事業で何をしようとしているのか、そしてどれだけお金を稼ぐのが難しいかについて考えるのは簡単です。
さらに、多くの企業が成長中の企業や業界に推奨を行っているため、より最新の情報を収集します。したがって、成長する企業や産業の取り組みには必ず多くの発見があります。

海外の新規事業サクセスストーリーの考え方

多国籍企業によって行われている新しいビジネスに注意することも有用です。これらの企業は毎月さまざまなサービスをリリースしているので、それらのいくつかを判断決定して、ご期待ください。

大企業による新規事業メモ例

•SNSFacebook
•MinboAirbnb
•Amazonでのオンラインショッピング
•電気自動車テスラ
•インターネット検索のためのグーグル

ヒント:急成長している新規事業スタートアップ

さらに、急成長している新興企業や大企業が提供するサービスは、新しいビジネスメモの候補になる可能性があります。多くの場合、新興企業はWebメッセージの詳細を説明して、自分が誰であるかを理解できるようにします。そのため、通常、Google翻訳を使用しているときにホームページを表示するだけで注意が必要です。

新規事業の買収と投資プロジェクトの考え方

現在、すべての商品とサービスがデジタルで開発されており、インターネットサービスに加えて、さまざまなデジタルテクノロジーも出現しています。新しい商用シードは、世界中で無限の流れの中で出現しており、これらの商用シードに基づいて検討することができます。

メモ例:新規事業デジタルテクノロジー

•ロボット、人工知能(AI)、モノのインターネットを使用した情報サービス、ドローンサービス、
•AR、VR、ブロックチェーン、別の種類のデジタルビジネス

ケース事例

技術的に進んだ新規事業は、世界のどこかで毎日M&Aや業務提携を行うため、ベンチャーキャピタルが投資しているテーマやスタートアップに注目すると、新規事業に出会う確率が急上昇します。
たとえば、Netscape Navigatorを開発し、世界をリードする投資家の1人であるMarc Andreessenは、「ソフトウェアが世界を食い尽くしている」ことで知られています。企業への投資に関するさまざまなヒントを公開しています。
重要なのは、「その市場は国内にある」「外国の規制や慣習が異なるため」という考えに基づいてスクリーニングすることではありませんが、興味がある場合はメモしてください。

まとめ

メモから新しいビジネスアイデアを考えることができます。
ノートにたくさんの新しいビジネスアイデアを書く場合は、それらを見て、新しい組み合わせを検討してください。たとえば、この方法で組み合わせることができます。
•会社の強み×海外でのサクセスストーリー
•顧客の不満×成長企業の新規事業


いろいろな組み合わせを試しながら、「誰のためにやっているの?」と考えることで、アイデアの範囲が広がりやすくなります。
新しいビジネスをつなぐためにどのような情報が使われるかを考えると、アイデアを思いつくのが簡単になります。重要なのは、新しいアイデアを思いつくのではなく、新しい組み合わせを検討することです。
「オープンイノベーション」という言葉が一般的になりましたが、今後の新規事業を考える上で、何を組み合わせるかという視点がより重要になります。すなわち、何を、なぜ、どのようにです。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援