XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

業務委託の定義?請負契約と委託契約の違い

2021.09.11

未分類

作業方法の多様化に伴い、業務委託契約する企業が増えています。ただし、正確には「業務委託契約」と呼ばれる契約はありません。業務委託契約の形態には、「請負契約」と「委託(委任)契約」があります。
2つの業務委託契約の形態の違いと業務委託契約締結時の注意事項を理解することで、状況に応じた判断を下すことができます。業務委託に関する知識を習得し、作業効率を向上させます。

業務委託における請負と委任の意味

業務委託とは何か?

「業務委託」とは、業務の一部または全部を外部の会社に業務委託する会社を指します。「委託」とは、他者に業務委託するすべての作業を指し、業務委託とも呼ばれます。
たとえば、業務委託の利点の1つは、従業員が日常業務を業務委託することでコア業務に集中できることです。

「請負」、「委任(委託)」、「準委任(準委託)」の違い

多くの場合、業務委託会社と業務受託会社の間には「請負契約」または「委託契約」があると考えられます(注:実際には両者の間に指揮監督関係がある場合は、「雇用契約」が締結されていると評価され、契約内容は「請負契約」と「委託契約」の混合形態として評価することができます)。
「請負契約」と「委託契約」はいずれも業務委託時に締結する契約ですが、明確な違いがあります。各契約の特徴を詳しく見ていきましょう。

・「請負契約」は業務の完成品を対象としています
請負契約とは、業務を完了するための契約です。正確に言うと、目標は「作業を完了して成果物を作成する」ことです。作業の途中で残されたプロジェクト、または完了したが結果が得られなかったプロジェクトは補償されません。
たとえば、会社が設計者にパッケージの設計と製造を要求する場合を考えてみます。会社は設計者と契約を結びます。契約内容には、要求された内容、成果物の補償額、納期が含まれます。
設計者は、納期前に要件に従ってパッケージデザインを納品する義務があります。契約を完了しない場合、契約を履行しません。さらに、完成品が要件を満たしていない場合、設計者はそれを修正し、必要に応じて納品します。

・「委託契約」は業務遂行用です
一方、委託契約は業務の遂行を目的としています。請負契約との最大の違いは、仕事をしている限り、成果物がなくても請求されることです。
繰り返しになりますが、手数料契約の特定のケースを見てみましょう。
たとえば、ある会社が新入社員をトレーニングするために講師に委任契約サインアップするとします。インストラクターは、リクエストに応じてトレーニングを提供する必要があります。この場合、契約内容に応じて研修を実施すれば、契約は履行されています。新入社員が研修後に期待通りに習得しなくても、給与に影響はありません。
具体的な契約例に記載の販売代理店と委託契約を締結している場合、販売業務が売上を伸ばすことができなくても、契約内容に応じて業務を行うことにより報酬が発生します。
結果が出なくても報酬が発生した場合、委託者は損失を被るイメージを持っている可能性があります。ただし、委託契約は受託者に善管注意義務を課し、受託者は業務の遂行に細心の注意を払う必要があります。

・「準委託契約」は「委託契約」よりも範囲が広い
委託契約に類似した用語は「準委託契約」です。「委託」という用語は、委託契約と組み合わせて使用されることもありますが、厳密には別の意味であることに注意してください。
契約締結の委託、課税、事務処理を委託する準委託契約等の法的行為以外の行為。業務シナリオでは、準委任契約は契約の形で締結されることがよくあります。

「派遣」との違いは指揮命令権があるかどうか

人材派遣と同様に、業務委託会社が一定期間業務委託会社にとどまる場合があります。この場合、業務委託と人材派遣の違いは何でしょうか?
そのキーポイントは「業務指示ができるかどうか」です。人材派遣の場合、派遣会社は労働者を直接指示し、命令することができます。一方、業務委託の場合、労働者は業務委託会社によって管理されているため、直接指示命令することはできません。請負業者の指導の下、労働者は職務を遂行します。

業務委託や請負のメリットと活用方法

業務を外部の会社に業務委託することの利点は何でしょうか?
利点1;採用やトレーニングのコストを抑えることができます。
業務委託を利用するメリットは、人材獲得に必要な採用コストや人材育成コストを削減できることです。
利点2;日常業務を簡素化し、コアタスクに集中できます。
継続的に発生する日常業務(事務処理など)を業務委託することで業務を効率化できることもメリットです。さらに、業務委託により、従業員は日常のタスクから離れやすくなり、実行する必要のあるコアタスクに集中しやすくなります。
利点3;会社が持っていない専門知識とスキルを利用することができます。
業務委託を通じて、システム開発やセキュリティ対策など、自社にはない専門的なスキルやノウハウを活用することができます。
利点4;ピークシーズンなどの地域の労働力不足の補償
業務委託を利用する利点の1つは、現地の年末やその他のピークシーズンに労働力を補うために人を雇う必要がないことです。
業務委託により、ピークシーズン後もスムーズに労働力を補い、適切な作業負荷を維持することができます。

業務委託や請負契約を締結する際の注意点

業務委託契約を締結する際には、目的を明確にし、「請負契約」と「委託契約」のどちらを選択するかを慎重に検討する必要があります。また、業務委託の目的は、従業員が本業に専念できるようにすることであり、その管理が従業員に問題を引き起こしてはなりません。
契約の際の注意点はたくさんありますが、事前に以下の点をご検討ください。

外部にデータ持ち出しや取り出しが可能な委任作業

業務委託とは、社内で行った作業の一部を切り取り、社外に任せることです。または、特別なスキルが必要なため、または作業スペースを確保できないために、社内で実行できないタスクを外部委託する必要があります。
したがって、要求された作業を実行するために必要なデータが取り出せることを確認する必要があります。企業経営に関連する重要な業務は、業務委託には適していません。

指示は業務の進め方に出すことはできない

業務委託契約には雇用関係はありません。つまり、作業を行う従業員の労働条件や作業方法を指示することはできません。
業務委託では、受託者はどのように業務を行うかを自由に決定できます。請負業者は、期限前に完了した作業の成果物のみを持っています。委託者が有効と考える業務方法があったとしても、そのような方法を強制することは規則違反となります。

偽装請負にならないようにする

社内常駐型の業務委託業務については、業務を行う受託者が近くにいるため、指示が容易です。ただし、クライアントが直接指示命令を出す場合、命令内容に応じた指揮・監督関係があるため、「雇用関係」と評価されるリスクがあります。
この状況は「偽装契約」と呼ばれ、違法である可能性があります。裁判事例もあり、場合によっては罰せられることもありますのでご注意ください。

請負契約とは業務を適切に完了する相手方と契約を結ぶこと

作業の完了によって作成された成果物を提供することにより、請負契約を履行します。仕事がまだ完了せずに途中である場合、または委託されたコンテンツに従わない場合、報酬にはなりません。修正や訂正が必要な場合、受託者はその訂正に対応する義務があります。
成果物を納品しない場合は報酬になりませんが、予定通りに納品できない場合は作業に支障をきたします。契約を締結する際には、納期を安全に保つ受託者と契約を結ぶことが重要です。業務委託の進捗状況は確認できないため、信頼できるパートナーを選ぶことはさらに重要です。

委託契約とは守秘義務を怠らずに働くことができる人と契約を結ぶこと

業務委託は外部からの依頼であるため、会社の業務を引き出すことができる委託に適しています。ただし、一部のタスクは、最小量のデータを渡さないと実行できません。
委託契約の締結に適した仕事の1つは、商品の発送業務です。この場合、配送先住所の顧客情報を渡す必要があります。委託契約を結んでいる場合は、秘密を守ることができる人を選んでください。
さらに、契約上の請負契約とは異なり、業務の成果物がない場合でも、委託された契約は業務の実行に対する報酬を生成します。請負契約のように、商売の仕方を指示することはできません。
委託契約の場合、成果物がなくても補償が発生するため、誠実に円滑に業務を遂行できるパートナーを選ぶことがポイントです。

業務委託請負での個人事業主と契約を結ぶ際の注意点

近年、働き方改革の進展や副業禁止の解除に伴い、フリーランサーや自営業者への業務委託が増えています。フリーランサーまたは個人事業主である場合、業務を外部の会社に外注するときとは状況が異なるので、注意しなければなりません。
フリーランサーや個人事業主と契約する場合は、以下の点にご注意ください。

病気、怪我、またはその他の緊急事態に備えて代替案を準備する

企業とは異なり、フリーランサーは個人であるため、仕事が困難になったときに気になることは何もありません。したがって、病気やけがなどの個人的な事情により作業を中断するリスクはゼロではありません。
業務の中断を避けるために、フリーランサーが仕事を遂行できないリスクに備えることが最善です。内部作業を可能にし、代替手段を備えたマニュアルを作成することをお勧めします。

まとめ

事前に業務委託の形態をお知らせいただき、注意を払ってください
業務委託契約には、「請負契約」と「委託契約」の2種類があります。請負契約は、作業完了後の成果物を納品することであり、委託契約は、作業を実行することです。
どちらを選択するかは、委託する仕事の内容によって異なります。請負契約と委託契約の違いを理解し、契約の種類を選択する際にその長所と短所を考慮してください。契約前の準備作業をおろそかにしないでください。トラブルを避け、作業効率を上げることができます。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援