XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

ランディングページはテンプレートから制作しよう!メリットとおすすめ3選

ランディングページを制作したはいいものの、見栄えが悪くなかなかユーザーが定着しないのはマーケティング担当者にとって悩みのひとつです。

費用を掛けてランディングページ制作会社に外注すればいいものの、予算に制限があるため、おもいきって依頼することができないこともあるでしょう。

そこで、今回はランディングページ制作会社に依頼することなく、ランディングページテンプレートから制作する方法について、制作メリット・デメリットとおすすめランディングページテンプレートをメインに解説していきます。実際にランディングページでの集客に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

ランディングページテンプレートとは?

ランディングページを一から制作するとなると相当な時間と労力が必要になります。そこで助けとなるのが、「ランディングページテンプレート」です。

ランディングページのテンプレートは既に「形」が完成してるので、そこから自分好みに手を加えていけばランディングページが完成します。基準となるテンプレートに画像や写真を挿入して、本文を入力してしまえば外注に依頼するよりも早く制作することが可能ですし、テンプレートの種類も現在は大幅に増えているのです。

そのため、ランディングページ制作においてテンプレートを使うことは大きなメリットがあります。

ランディングページテンプレートを使う3つのメリット

結果が出やすい

ランディングページ制作でテンプレートを使うと見栄えが良くなるだけではありません。それ以上に、ページの滞在時間が長くなったり、購買率が上がったりなどの「結果が出やすくなります」

それはランディングページテンプレートに「売れるノウハウ」がつまっているからです。

・ユーザーの視線が集まりやすい場所に商品画像を配置する
・ユーザーの視線の流れに沿ったページづくりをする

など、一から制作する際には実現できない技術が最初から備わっているので、結果が出やすくなります。「なにがなんでも早く結果を出して売上を上げなければいけない」という場合にはランディングページテンプレートに頼るのもひとつの手でしょう。

低コストで作成できる

「ランディングページ制作会社に依頼したいけど予算がない」そんな問題を解決してくれるのが、ランディングページテンプレートの「低コストで作成できる」メリットです。

例えば、ランディングページ制作会社に依頼した場合、最低でも10万円は掛かります。それが、ランディングページ制作でテンプレートを使えば有料でも数千円で制作することが可能です。外注と比べると格安なのは間違いないので、マーケティング担当者にとってみればこんな嬉しいことはないですね。

高度な技術が不要

ランディングページをいちから作成するとなるとHTMLやCSSなどの知識が必要です。しかし、ランディングページテンプレートを使えば「高度な技術が不要」になります。

すでに用意されているデザインテーマがあるため、コーディング作業は必要ありません。それどころか、用意された数多くのデザインから選べるので、「自分好み」の「完成された」ランディングページテンプレートが最初から使えます。時間を使わず、自分のスキルが不要な点がいいですね。

ランディングページテンプレートを使う3つのデメリット

似たデザインになりやすい

ランディングページテンプレートの一番のデメリットは「他のユーザーと似たデザインになりやすい」です。これは私も経験があるのですが、「自分が使ったランディングページテンプレートがこのページでも使われてる」ということはよくあります。

そして、メジャーで人気なランディングページテンプレートほど似たデザインになりやすいのも特徴です。ランディングページテンプレートは速効性があって見栄えがよくなるものの、他のユーザーと似たデザインになりやすい点は覚悟しておきましょう。

機能に差がある

ランディングページテンプレートには種類が多く、価格以上に「機能に大きく差」があります。ランディングページテンプレートの価格に大きく差はないものの、機能に関してはピンキリです。

例えば、「メルマガ配信」機能は、ランディングページでユーザーに登録フォームへメールアドレスを登録してもらうだけでメルマガを配信してくれる役割になります。この、重要な機能が備わっていないランディングページテンプレートもあるのです。この他にも集客において大切な機能は多くありますので、ランディングページテンプレートを購入する際は、機能は必ずチェックしましょう。

カスタマイズするにはハードルが高い

「もっとこの枠を上部に表示させたいんだけどな」などのように、ランディングページを制作してると求めることが多くなってきます。しかし、ランディングページテンプレートは「自分好みにカスタマイズするにはハードルが高い」です。

ランディングページテンプレートは制作者の意向のもと、決まった形が既に出来上がっています。もちろんその状態から組み直すことはできるのですが、初心者にとってはできることではありません。さらに自分の意見を取り入れたい場合は外注する必要があるので、ランディングページテンプレートを使う際は、カスタマイズはほぼ出来ないと見ておいていいでしょう。

おすすめランディングページテンプレート3選

ペライチ

テンプレート一番のおすすめは「ペライチ」です。マーケティング関係者の間では非常に有名で、ランディングページテンプレート界の「大御所」になります。

その理由はなんと言っても「初心者でも簡単につくれて『無料』」な点です。ペライチは操作がとても簡単でサポート体制もバツグンな為、不明点があれば相談できるのも特徴になります。有料版もあり、さらに高品質なランディングページに仕上げたい場合は、費用をかけてハイクオリティなランディングページを制作するのもいいです。

つく~る

ランディングページテンプレート次のおすすめは「つく~る」です。コンセプトは「ブログを書くような感覚で売れる広告をつくれる」になります。

つく~るは売れるネット広告社が「1,000回以上」もの【A/Bテスト】を繰り返して得た
高倍率アップのための要素が盛り込まれているので、簡単にレスポンスが上がるランディングページを制作できます。売れるポイントをしっかりおさえているので、スピード感のある売上アップを狙いたい場合はつく~るを使ってみるのもおすすめです。

HubSpot

ランディングページテンプレート最後のおすすめは「HubSpot」です。

HubSpotの最大の特徴は「パーソナライズ機能」が充実しています。例えば、自分が今いる場所やどのサイトから来たか?など、ユーザー個人の情報やアクション履歴から自動的にデザインの異なるランディングページを表示させることができます。なので、充実した機能を求める場合は、HubSpotを検討してみるのもいいでしょう。

まとめ ランディングページはテンプレートから

いかがでしたでしょうか。ランディングページ制作においてテンプレートを使うことは非常に効果的です。とくに、今までランディングページに触れてこなかった人にはデメリット以上にメリットがあり、「より早く」「より簡単に」Webマーケティングで売上アップを狙うことが可能になります。ランディングページ制作において、是非テンプレートを使う魅力に気付いてもらえたら幸いです。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援