XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

【初心者必見】リスティング広告について詳しく知りたい

2021.04.10

広告運用

検索エンジンが世の中に浸透してから、当たり前のように使われるリスティング広告ですが、しっかりと理解している方は実は少ないです。

そこで、本記事ではリスティング広告とは何なのか、リスティング広告の相場、リスティング広告出稿の手順など幅広い情報を紹介していきます。

本記事読むだけで、リスティング広告について深く学ぶことができます。

リスティング広告は専門的な領域ですが、今回は専門的な内容も噛み砕いて解説していますので、リスティング広告初心者の方も安心して読み進めていってください。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果にユーザーが検索したキーワードに連動されて掲載される広告です。

最近のリスティング広告は、検索連動型広告、PPCとも呼ばれています。

リスティング広告の呼び方一覧
・サーチワード広告
・キーワード広告
・PPC広告
・ペイドリスティング
・検索連動広告

検索結果ページに【広告】がついている記事を見た時がありませんか。

あれこそがリスティング広告です。

現在日本ではGoogle検索、Yahoo検索などがリスティング広告の媒体として使用されています。

ここまでの内容を踏まえて、少しだけリスティング広告の言葉の意味が理解できたはずです。

しかし言葉の意味だけでは、リスティング広告をしっかりと理解することは難しいので、メリット、デメリット、できることなどを交えつつ、理解を深めていってください。

リスティング広告とは?メリット・デメリット

リスティング広告のメリットは下記の通りです。

小額から始められる
検索上位に表示される
すぐに広告出稿できる
PDCAを繰り返しやすい
購買力の高いユーザーにアプローチ

リスティング広告について理解できると、多くの潜在顧客にリーチすることができるようになります。

格安かつ簡単に。テレビ広告などと比べても、費用対効果はかなり高いです。

また初心者の方でも運用を少し続けるだけで専門的な領域に達することができるメリットもあります。

リスティング広告のデメリットは下記の通りです。

広告費・人件費が必要
動画よりは効果が低い
広告を効率的にするのに知識が必要
費用対効果が合わない場合がある

リスティング広告のデメリットは効果を高めるために知識や資金が必要な点です。

正直な話、競合が多いキーワードを今から攻略するのは不可能だと思ってください。

多くの企業が沢山の資金を投じて知見を蓄えているのが2021年です。

ですので、これからリスティング広告に挑戦する方は隙間を狙いましょう。

2021年時点で、隙間は沢山ありますので、そう言った場所を見つけていきましょう。

隙間を攻めるだけでも、売り上げは大幅に上がるはずです。

リスティング広告とは何ができるか

リスティング広告でできることは下記の通りです。

初心者でも簡単にアカウントを作成できる
月1000円からリスティング広告が出稿できる
すぐにリスティング広告が打てる
検索キーワードを決められる
広告文を自分で作成できる
支払う上限を設定できる

こんな感じで、リスティング広告は「簡単+格安」で出稿することができます。

ほとんどの広告出稿者は最初は安く広告を打ち出し、その後費用対効果を計測し、改善を繰り返し、効率的に広告を打っています。

リスティング広告ではクリックされなければ、お金を請求されることはありません。

リスティング広告とは:料金の決まり方

リスティング広告のメリット・デメリット、できることを理解できた方は次に料金の決まり方について学んでいきましょう。

リスティング広告での料金の決まり方
クリック課金
オークション

それぞれの言葉の意味を理解することで、リスティング広告の料金の決まり方についても理解することができます。

リスティング広告の料金では「クリック課金×オークション」で決定されます。

ですので、2つの意味は必ず理解しておきましょう。

クリック課金

リスティング広告では『クリック課金』が基本方式です。

先ほど少しだけ触れましたが、リスティング広告では検索ユーザーが広告をクリックした場合にのみ料金が請求されます。

検索結果に表示されただけでは料金は発生しないのです。

1回のクリックで100円、200円、1000円など決められています。

1回のクリックの単価をクリック単価と専門家達はいいます。

クリック単価は入札者のオークション状況によって変わってきます。。

オークション

リスティング広告はクリック単価を軸に、オークション形式でキーワード単価が決められていきます。

人気のあるのキーワードなどは競合も多く、沢山の人達と競り合うため必然的に入札額も上がっていきます。

オークションでは、キーワードに対していくらまで支払うかを決め、多く払える広告主が上位に表示される仕組みになっています。

とは言っても、お金を沢山払える=上位表示ではない点が難しい点です。

リスティング広告では、広告の品質(ランディングページの記事質)、上限金額(広告主がどれくらいまでお金を払えるのか)の点で広告が決まります。

リスティング広告の費用についてまとめると下記の通りです。

リスティング広告では、クリックによって広告料が発生する
クリック単価はオークション形式で決められ、安いもの〜高いものまで様々ある

リスティング広告とは:出稿手順

リスティング広告の出稿手順は3つほどです。

1.広告アカウントを開設する
配信条件を設定する
広告文を作成して配信する

1つずつ解説していきます。

広告アカウントを開設する

手順1は広告アカウントを開設です。

Google検索にて、Google広告と検索すると1番初めに表示されます。

画面に表示される通りに、必要な情報を入力していくと、アカウントが作成されます。

配信条件を設定する

手順2は配信条件を設定するです。

アカウントが作成できた方は新しいキャンペーンを作成のボタンをクリックし、その後、目標を選びましょう。

目標選択後には「検索」を選びます。

「検索」の後には、キャンペーン設定画面が表示されます。

・配信開始日
・終了日
・配信地域
・I日あたりの予算
・入札単価

それぞれを入力しましょう。

広告文を作り配信する

手順3は広告文を作り配信する。

・広告見出し
・リンク先URL
・説明文

上記を入力し、保存をすると審査が始まります。

経験上、10分程度で審査は通りますので、その後広告が配信されます。

リスティング広告において、重要なのはPDCAを回すことです。

どれだけ効率的に多くの方にリーチすることができるのかを考え続けましょう。

まとめ:リスティング広告とは

ここまでで「リスティング広告とは、リスティング広告のメリット、デメリット、できること、広告料金、広告出稿手順」について解説してきました。

本記事の内容まとめ

・リスティング広告とは、検索結果に表示される広告
・リスティング広告のメリットは、格安+簡単に多くのユーザーにリーチできる
・リスティング広告のデメリットは、競合が多い点
・リスティング広告の料金は、クリック+オークションで決められる
・リスティング広告は今すぐ始められる

本記事は以上です。

リスティング広告について、学びたくなった際は本記事を参考にしてみてください。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援