XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

【誰でも分かる】google広告によるリスティング広告を解説

2021.06.10

広告運用

「google広告って話題になっているけど、どんな仕組みになっているの?」

現代ではgoogle広告の市場がとても高くなり、どこの企業もやり始めました。

しかしやり方や仕組みを分かっていない人がたくさんいます。なので今回は、google広告の一つでもある「リスティング広告」について解説していきたいと思います。

ぜひ最後まで見ていただけると光栄です。

google広告のリスティングとは?

google広告のリスティング広告とは、以下の2つを出来るようになります。

googleの検索エンジンで上位表示ができる
キーワードを選定して検索してもらう

上記の2つについて解説していきます。

googleの検索エンジンで上位表示できる

リスティング広告はgoogleの検索エンジンで上位表示できるようになります。

上位表示されると検索した人はその記事をクリックしたくなります。しかし、タイトルや内容が検索したキーワードと異なる場合は別です。

上位表示はSEOで上げることも可能ですが、SEOは時間がかかり、googleアップデートで順位が下がる恐れがあります。

リスティング広告はお金を払い、常に上位表示を出来るので時間をかけずクリック率を上げられます。

キーワードを選定して検索してもらう

キーワードを選定して検索してもらうようにできます。

SEOではタイトルに検索してもらえるキーワードを予想して記事を作りますが、リスティング広告はキーワードを選定して、そのキーワードを検索すると上位表示ができます。

しかし人気あるワードは上位表示は難しく、最初はニッチなキーワードでやることがいいでしょう。

google広告でリスティングする理由

google広告でリスティング広告をする理由を解説していきます。

集客できる
検索した人に存在を知ってもらえる
SEOで上位表示しなくても上位に上げられる

上記の3つについて解説していきます。

集客できる

リスティング広告をすると、集客できる数が増えます。

検索エンジンで上位表示をすると、必ず目にとまりますのでPV数が増える可能性があります。上位表示した記事の内容が良ければ契約が成立するので集客したいなら必ずやった方がいいでしょう。

検索した人に存在を知ってもらえる

リスティング広告をすると、検索した人に存在を知ってもらえます。

リスティング広告は存在を知ってもらうことも大きなメリットです。存在を知ってもらい、リアルでも情報を共有してもらうことができます。

SEOで上位表示しなくても上位に上げられる

リスティング広告はSEOで上位表示しなくても、上位に上げられることができます。

SEOの上位表示はとても難しく、全体の1位を取るには至難の業です。しかしリスティング広告は、SEO関係なく上位表示できるのでかんたんです。

googleによるリスティング広告の費用

googleのリスティング広告の費用は2つあります。

クリック課金
入札によるオークション制

それぞれ解説していきます。

クリック課金制

クリック課金制とは、リスティング広告で上位表示された記事をクリックすると、広告料としてgoogleにお金が入ります。

検索結果に表示されても広告料は取られないので安心してください。

入札によるオークション制

入札によるオークション制とは、「このキーワードをクリックされたときいくらで払えるか」を決めるオークションです。人気なキーワードほどクリック単価が高くなるので気を付けましょう。

googleによるリスティング広告の掲載順位について

googleによるリスティング広告の掲載順位について解説していきます。

入札価格と広告の質の違いで順位が変わる

入札価格と広告の質で順位が大きく変わります。

「クリック率」「キーワードとの関連性」「記事の品質」などをかけ合わせた質で順位が変わります。

googleによるリスティング広告のメリット

googleによるリスティング広告のメリットは2つあります。

小額から誰でもできる
即効性が早い

上記の2つについて解説していきます。

少額から誰でもできる

リスティング広告は少額から誰でもできます。

ニッチなキーワードであれば競合がおらずリスティング広告の入札価格が低いので1ページ目の上位表示を容易に取れるようになります。

平均で10~30万と言われていますが、試しにやるにはもっと安くても良いかと思います。

即効性が早い

リスティング広告は他の広告より早く効果が表れます。

登録をしたら次の日にはクリック率が変わり、他の記事よりPV数が大きく変化しているでしょう。

しかしリスティング広告は1ページ目で表示されるわけではなく、2ページ目でも表示されます。2ページ目で表示されている記事は1ページ目に表示されている記事より質が良くなかった記事が表示されます。

改善としては1ページ目の記事を見てどんなことろが足りなかったか、キーワードと関連性はあるのかなどSEOに対応しているか確認すると1ページ目に表示するかもしれません。

googleによるリスティング広告のデメリット

googleによるリスティング広告のデメリットを2つ紹介します。

毎回使用するのにお金が必要
勉強することが多い

上記の2つについて解説していきます。

毎回使用するのにお金が必要

リスティング広告は毎回使用するのにお金が必要になります。

検索して表示されただけでは広告料は払いませんが、クリックされた場合は広告料を払います。クリックされただけで記事の中の商品を買わなかったら何も意味がありません。クリックされるだけだとただお金が減るだけ。記事の改善が必要になります。

見直す点は3つございます。

リスティング広告のキーワードはあっているか
他の記事より質が高いのか
商品への訴求する文章は間違っていないか

どれか一つでも手を抜いていたらクリックされるだけで商品が売れず赤字になります。

ほかの記事を常に確認して上位表示を狙いましょう。

勉強することが多い

リスティング広告は勉強することが多いです。

google広告のリスティング広告のほかに、Yahoo!広告にもリスティング広告があります。

使い方はほぼ同じですが、見ている層が違います。

googleはスマホで見ている人が多いです。年齢層は若めなので若い人がすきな商品をgoogleで広告をします。

Yahoo!はパソコンで見ている人が多いです。年齢層は40~60代。年齢が高い人に向けた商品を広告すると成約率が上がります。

このように広告の勉強だけでなく、マーケティングに関する勉強も必要になります。しかも毎日情報が新しくなるので勉強が嫌いな人は向いてないでしょう。

まとめ

今回はgoogle広告のリスティング広告について解説いたしました。

使い方は簡単そうですが、奥が深い仕事です。リスティング広告はネット広告で最も使われている手法なので是非覚えておくと今後の仕事に生かせると思います。

最後まで見ていただきありがとうございます。あなたの仕事に活かせると幸いです。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援