XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

SEO対策をするキホンの方法を初心者にもわかりやすく紹介!

2021.05.08

SEO対策

 自社のウェブサイトのアクセス数を伸ばすためには、SEO対策を行うことが効果的と言われます。しかし、実際に何をどうするところから始めればいいのか、方法が分からないことも多いでしょう。この記事では、ウェブサイト運用に慣れていない方にも取り組みやすいSEO対策の方法を紹介していきたいと思います。

SEO対策の基本の「キ」をまずを押さえよう

 SEO対策とは何か?簡単に言えば、自社のウェブサイトがGoogleで上位表示されるようにウェブサイトの作りを工夫することです。

 ユーザがあるウェブページを閲覧するとき、一般的には検索エンジン上に表示されたウェブページへのリンクにアクセスします。逆に言うと、検索エンジン上に表示されなければ、そのウェブページはユーザからすれば、存在しないも同然です。
 
 ウェブサイトを実店舗にたとえて考えてみましょう。検索エンジンに表示されないウェブサイトは、人里離れた山の中にポツンと立っている店舗のようなもの。当然ウェブサイトへのアクセスは期待できません。そこで、リアルの実店舗がその存在を知ってもらおうと看板を出したり広告を出稿するのと同じように、ウェブサイトが検索エンジンに上位表示される工夫、つまりSEO対策をすることが必要なのです。

「SEO」ってそもそもどういう意味?

 それでは「SEO」って、そもそもどんな意味の言葉なのでしょうか。SEOとは、Search Engine Optimizationの略語で、日本語訳すると「検索エンジン最適化」という意味になります。
 

GoogleのSEO対策をすることが重要

 現在、検索エンジンの中ではGoogleのシェアが圧倒的です。2020年のデータでは、PCでは約90%、モバイルでは約99%の検索がGoogleを使ってなされています。そのため、SEO対策の方法を模索するうえでは、Googleで上位検索されることが必要になってきます。

SEO対策の基本の第一歩はキーワードの選定から

 SEO対策の第一歩は、ウェブサイトの中のウェブページそれぞれでGoogle 上位検索を狙うキーワードを決めることです。ウェブサイトの中には複数のウェブページがあるはずですが、それぞれのページ毎にキーワードを決めるのですね。

 中華系の輸入雑貨を取り扱うお店のウェブサイトにSEO対策を行う例を考えてみます。

 まず、ウェブサイト中のある1つのページのキーワードを、「ジャスミン茶 専門店」といった具合に決めます。そうすると、潜在的なユーザがGoogleで「ジャスミン茶 専門店」と検索した時に、このページが上位表示されることが、具体的なSEO対策上の目標になります。

 キーワードは決まりました。そのあと、どういう方法で対策をしたらいいのでしょうか。
 
 キーワードは「ジャスミン茶 専門店」に決まりましたので、ページのコンテンツに「ジャスミン茶」「専門店」というキーワードを意識的に入れ込んでいきます。ページのタイトル部分・ページ内の見出し部分に、「ジャスミン茶」「専門店」というキーワードを必ず入れ込みます。それ以外の本文部分にも、キーワードが程よく含まれるようにコンテンツを作っていきます。

一番シンプルで確実なSEO対策の基本は、ウェブページを増やすこと

 一見シンプルに見えますが、自社のウェブサイトの中のウェブページの数を増やすこと、確実に効果の見込めるSEO対策の方法であるといえます。

 理由は簡単です。Googleの検索エンジンは、ウェブサイト単位で検索結果を表示するわけではありません。ウェブページ単位で検索結果を表示するのです。自社のウェブページが3ページしかないよりは、30ページあったほうがアクセス数が期待できるのは当然です。実店舗でも、看板や広告の数を増やせば増やすほど、その店舗の存在に気づく人は増えますよね。ウェブでウェブページを増やすことは、実店舗の看板を増やすのと似ています。
 
 ウェブページを増やすときは、ページそれぞれについてキーワードを決め、そのキーワードをそれぞれのページのタイトル部分・見出し部分に入れ込んでいきます。その際、自社ウェブページ同士で競合しあうことがないように、ページごとに異なるキーワードを設定し、コンテンツを作っていきましょう。

 先ほどの中華系の輸入雑貨店を例にすると、「ジャスミン茶 専門店」というキーワードを設定したページに加え、「XO醤 販売 東京」や「チャイナドレス オーダーメイド 東京」といったキーワードを設定したページを作り、コンテンツを充実させていきます。

読み手に魅力的なコンテンツを作るのが最良のSEO対策の基本の方法

 ここまで、ウェブページへのキーワードの設定や、キーワードに沿ったコンテンツ作り、ウェブページの数を増やすことといったテクニカルな方法について紹介してきました。

 とはいえ、何より大切なことは、アクセスするユーザが、「見たい」「読みたい」と思うような内容のコンテンツを作ることです。感覚的には、見やすくパンチの効いた折り込みチラシをデザインするのと同じように、ウェブサイトのコンテンツを作っていけばいいのです。

 読み手から見て魅力的なコンテンツを作ることができれば、その読み手は何度もそのウェブサイトにアクセスすることでしょう。ウェブページのURLをSNSで紹介したり、拡散したりする回数も増え、アクセス数増加が期待できます。

専門的なSEO対策の基本の方法についてはウェブサイト制作会社に相談

 ここまでは、ウェブサイトを作り慣れていない方にも分かりやすく理解していただけて、しかもご自身で実践をしていただけるSEO対策の方法を紹介してきました。

 しかし、ウェブの作り方に詳しくなければ、対応のできないより専門的なSEO対策の方法が存在することも事実です。ウェブサイトにアクセスした人に、ウェブサイト上のコンテンツを表示するために必要なプログラミング言語に、HTMLというものがあります。GoogleのSEO対策をする上で対応が必要な方法の中には、このHTMLの知識が必須であるものも存在します。

 自社のウェブサイトを自作する方もいらっしゃいますし、自力でより専門的な方法も含めてSEO対策を行うことも決して不可能なことではありません。しかし、もともと専門外のHTMLについて一から勉強し、専門的なSEO対策までを自力で行うよりも、ご自身は本業に集中し、専門的なSEO対策については専門のウェブサイト制作会社に相談する選択肢も、検討する価値はあると思います。

まとめ

 この記事では、SEO対策の基本の方法について、いくつか紹介をしてきました。

 具体的には、自社ウェブサイトのウェブページ毎に対策キーワードを決めてそのキーワードに沿ってコンテンツを作っていくこと、自社ウェブサイトのウェブページの数を増やすこと、読み手であるユーザに「見たい」「読みたい」と思わせる魅力的なコンテンツを作ることが大切です。

 一方で、ウェブの専門的知識を必要とするSEO対策もあり、これについては専門のウェブサイト制作会社に相談するのも良いかもしれません。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援