XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

良いランディングページはどのように作ればいいの?【基礎から徹底解説】

現代において、ランディングページを作成し、運用することは必須のスキルです。

しかし、必須のスキルなのにも関わらず、ランディングページの作成方法や運用方法だけでなく、そもそもランディングページとは何なのかをしっかり理解できていない方が多いです。

難しくはない必須スキルだが、90%近くの方は理解していない

つまり、ランディングページについて知るだけで、上位10%に入ることが出来るのです。

本記事では、専門的な内容を分かりやすく解説していますので、ランディングページに関する知識がない方も安心して読み進めていってください。

ランディングページとは

ランディングページとは、閲覧者が一番初めにアクセスするページのことを言います。

WEBマーケティングの業界では頻繁に使用される言葉です。

ランディングページについて深ぼる時には「広義の意味でのランディングページ」「狭義の意味でのランディングページ」を分ける必要があります。

ランディングページについてあまり知らない方は混同して考えてしまいますが、この点は気を付ける必要があります。

ここでは基本的な知識として広義・狭義の意味でのランディングページについて詳しく解説していきます。

広義のランディングページ

広義の意味で使われるランディングページは「閲覧者が最初に訪れるページ」になります。

ホーム画面、お問い合わせ、会社情報、ブログ記事、どこのコンテンツもランディングページ扱いにされます。(=広義の意味)

WEB業界では「入口ページ」とも呼んでいます。

Googleアナリティクスなどでは広義の意味でのランディングページが使用されていますが、通常の場合は基本的には使いません。

製作会社によっては異なりますが、基本的には狭義の意味でのランディングページを使用するのが当たり前とされています。

狭義のランディングページ

狭義の意味で使われているランディングページは「閲覧者に何かしらのアクションを起こさせるための縦長ページ」になります。

アクションの具体例

・商品の新規注文のお問い合わせ

・イベントの予約

・無料会員登録

・採用募集

こういったアクションを促すために作成されるページのことをランディングページとWEB業界では言っています。

ここからはランディングページ=狭義の意味と捉えて記事を読み進めていってください。

ランディングページとは

広義の意味:入口となるページすべてのこと

狭義の意味:アクションを促すためのページ

ランディングページの特徴

ランディングページの特徴は下記の通りです。

ランディングページの特徴一覧

・縦長のレイアウト

・アクションリンクが設置

・デザイン性が高い

・サイト毎に特徴がある

ランディングページの作成目的は「アクションを促すこと」です。

そのためには、企業独自のデザイン性を作りこんでいくしかないため、サイト毎にデザインが全然違います。

基本的には、狙うターゲットによってデザインを変える会社が多いです。

ランディングページのメリット

ランディングページのメリットは下記の通りです。

販売の流れが出来る

コンバージョン率が高い

売上を上げることが出来る

ランディングページは、負の共感からスタートし、負を解決する方法を提案していきます。

心理的なことを抑えつつ、作成されるため、しっかりとしたランディングページが作成されると、コンバージョン率が高まります。

つまり、売上を上げることができるのです。

ランディングページのデメリット

ランディングページのデメリットは下記の通りです。

直帰率が高い

作成するのに時間が必要

作成するのに資金が必要

SEOで評価されずらい

ランディングページのデメリットは作成が難しいということです。

ターゲットの心理的状況を理解する→デザインを整える→コーディングをする→数値を計測する

この流れを完璧に回すためにはそれなりに知識、または資金が必要になってきます。

【費用相場】ランディングページを利用する方法

ランディングページを製作する上では下記の方法のどれかを活用する必要があります。

自社のエンジニアで補う

ランディングページ制作会社に依頼する

無料のランディングページ作成ツールを活用する

上から順番におすすめです。最悪の場合は、無料のランディングページ作成ツールを活用しましょう

コーディングで作成する

ランディングページを作成する上では、一番おすすめの方法です。

なぜなら、自社のエンジニアでランディングページを回せると、費用が浮く+成果の出やすいランディングページが作成できるからです。

ランディングページは作成したら終わりではありません。むしろそこからが始まりです。

Googleアナリティクスなどで分析し、どんな層のどんなユーザーがサイトに流入したのか、どの部分で離脱してしまったのかなどを分析し改善していく必要があります。

つまり、ランディングページは修正ありきで考える必要があるのです。

自社エンジニアに求められるスキル

ニーズに合わせたデザイン設計

必要最低限のコーディングスキル

データ分析が出来る人

具体と抽象を行き来できる人

求められる人材は当然高いです。ここをクリア出来る人材をどう集めるかも大事な点ですね。

LP制作会社に依頼する

次におすすめなのがランディングページ(LP)制作会社です。

フリーランスなどに外注するのは難易度が高いので、最初は制作会社に依頼することをお勧めします。

基本的には自社エンジニアが行う内容を代わりにやってくれます。

ただ中には、制作会社がデザイン設計→コーディングで終わってしまうので、その点は注意しましょう。

製作会社に頼むのであれば、データ分析→改善までおこなう制作会社にしましょう。

その方が結果的に、コスパが良いです。

ペライチなどで作成する

自社のエンジニアもいない、資金に余裕がない方は、無料のランディングページ作成ツールを活用しましょう。

おすすめの無料作成ツール

ぺライチ

jimdo

wix

おすすめはぺライチです。無料ですぐに始めることができます。

また、無料作成ツールを使う方はデザイン性は諦めましょう。無料ツールだとモダンなデザインを作成することはむずかしいので。

無料作成ツールを活用する方は「デザイン分析→改善」に力を入れましょう。

ここまでをまとめると下記の通りです。

自社エンジニア

ランディングページ製作会社

無料作成ツール

まとめ:ランディングページとは

ランディングページについてまとめると下記の通りです。

・ランディングページには広義、狭義の意味がある。通常は狭義の意味が使われる

・ランディングページの特徴は「縦長のレイアウト」「アクションリンクが設置」「デザイン性が高い」「サイト毎に特徴がある」である ・ランディングページのメリットは「販売の流れが出来る」「コンバージョン率が高い」「売上を上げることが出来る」

・ランディングページのデメリットは「直帰率が高い」「作成するのに時間が必要」「作成するのに資金が必要」「SEOで評価されずらい」

ランディングページについて思い出したくなった方はこの部分を読み返してみてください。 本記事は以上です。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援