XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

【最新版】GoogleのSEO対策を理解するために抑えておきたいポイントはこの3つ

2021.02.15

SEO対策

SEOを理解しなければGoogleの検索結果に上位表示されることは無いでしょう。
しかしSEO対策のやり方を間違ってしまうと、効果が一向に現れません。

多くの人を悩ませるSEO対策ですが、この記事では誰もが抑えておくべき基礎的な部分をまとめました。

ポイントを理解すればSEO対策の方向性は見えてくるはずです。

GoogleのSEO対策で重要なのは「ユーザーファースト」

ユーザーファーストの考え方はSEO対策をする上で知っておくべき重要なポイントです。
近年はGoogleを始めとし、yahoo!やクックパッドなど多くの企業がこの考え方を重視しています。

ユーザーファーストとは言い換えるならばユーザー優先主義とも言えます。

日本語だと「顧客第一主義」、「お客様第一主義」と言う方が馴染み深いかもしれません。
要するに、サービスや商品を実際に利用するユーザーの目線で会社運営や商品開発を行うことです。

具体例を挙げて説明します。

自身がファッション通販サイトを開設するとしたら商品ページにはどんな情報を載せるべきでしょうか?

自身がお客さんの立場になって考えれば答えは見えてきますよね。
サイズや素材などの最低限必要な情報の他に、実際に着用した方のコメント欄や着用に適した季節などの情報を載せることでユーザーに喜ばれるかもしれません。

自身のウェブサイトを上位表示するためにはGoogleの検索アルゴリズムや評価項目を理解することも大切ですが、アクセスユーザーを満足させることができないサイトはGoogleにも評価されません。

そのためSEO対策においてユーザーファーストの考え方は非常に重要です。

①ユーザーが満足する記事に仕上がっているか?


サイトにアクセスしたユーザーを満足させるためには、ユーザーが欲しい情報を過不足無く提供することが大切です。 逆に言えばユーザーの満足度が低い記事はいくら時間が経ってもGoogleに評価されず、検索順位も一向に上がりません。 みなさんがGoogleを利用して検索するシュチュエーションをイメージしてみてください。 おそらく何か知りたいことや、悩みがあってGoogle検索をするはずです。
例えば「ダイエット 方法」のキーワードで検索をしたとします。
一番上にヒットしたページをクリックしていきなりダイエット食品の広告が貼られてたらイラッとしませんか? 「ダイエット方法が知りたいのであって、ダイエット食品を買いたいわけではない!」多くの方はそう感じるはずです。そのユーザーはすぐに戻るボタンを押して他のページを見に行くでしょう。 実はこのようなサイト運営者の都合をユーザーに押し付けるようなウェブサイトは少なくありません。最終的に商品やサービスを売るにしても、まずはユーザーに満足してもらえるコンテンツを作成することを意識しましょう。 ユーザーが満足する記事を作るには、ユーザーファーストを意識してコンテンツを作成することがSEO対策にとって最も重要です。

②Googleに好かれるのではなくユーザーに好かれよう


一昔前のSEOといえば、タイトルにヒットさせたいキーワードをとにかく詰め込んだり、記事内の文字数が多ければ多いほど良いと言われていました。 実際そのようなSEO対策で上位の検索順位を獲得できる時代もありましたが、今はそのようなSEO対策は古いです。 いくらタイトルにキーワードを詰め込んでもユーザーにとって魅力的なタイトルでなければクリックされませんし、文字数が多くても提供される情報が低品質であれば誰も読みません。 このようなGoogleに好かれるためのSEO対策は現在ほとんど効果がなく、むしろGoogleからペナルティを受ける可能性があります。 Googleの検索結果はユーザー満足度の高い順に表示されていると考えるとわかりやすいです。いくら小手先のテクニックを駆使しても、コンテンツの良し悪しを決めるのはユーザーです。 SEO対策は大切ですが、あくまでもウェブページを見つけてもらうための手段に過ぎません。大切なのは実際にウェブページを読んでくれるユーザーに好かれることです。 そうすればSNSで拡散シェアされ検索回数の増加に繋がり、自然とGoogleからの評価も高くなります。

③ユーザーの多くはスマホからアクセスをする

現在Googleを利用するユーザーの多くはスマホから検索することがほとんどです。
そのためウェブサイトはスマホでの閲覧を前提として設計することも増えつつあります。 スマホの画面はパソコンに比べ小さいため、表示できる情報量にも限りがあります。
そのためスマホで閲覧した場合の見やすさや使い勝手は必ず意識しなければなりません。 スマホユーザーの利便性を無視したウェブサイトはGoogleにも評価されにくいです。

GoogleSEO対策で知らないとまずい「ドメインパワー」について

ドメインパワーとはウェブサイトが検索エンジンから得ている評価値のことです。
一般的にはドメインパワーが高いほど検索結果に対して上位に表示されやすくなっています。

①ドメインパワーが無いと上位表示されない

ドメインパワーによって受けられる恩恵は非常に大きいです。

似たようなコンテンツのサイトではドメインパワーが強い方が上位表示されやすくなります。

サイトを作成直後では大企業のページでもなければドメインパワーは0です。
この状態で高品質なコンテンツを作成しても残念ながら上位表示されるまでに長い時間を要します。

②ドメインパワーを確認する方法2つ

ウェブサイトのドメインパワーを知る方法はいくつかありますが、この記事は2つしょうかいします。

1つ目はSEO会社であるMOZが開発したSEOツールを利用する方法です。
MOZ:https://moz.com/
2つ目はこちらもSEO会社が開発したウェブツールウーバーサジェストです。
Ubersuggest:https://app.neilpatel.com/ja/ubersuggest/

どちらも利用するためには会員登録が必要です。

③被リンクを稼いでドメインパワーをあげよう

ドメインパワーを挙げるためには様々な方法がありますが、ドメインパワーを挙げるために一番有効な方法が被リンクを増やすことです。

被リンクとは簡単に言えば他のサイトに引用してもらうことです。
引用されている数が多い=有益なサイトとGoogleに評価されるため、ドメインパワーのアップに繋がります。

繰り返しですが被リンクを獲得するには引用されるような質の高いコンテンツ作りがかかせません。

SEO対策をしてもすぐにGoogleの検索順位には反映されない

頑張ってSEO対策をしても効果がでるまでには一定の期間が必要です。

①SEO対策には時間が必要

検索結果をクリックしたらエラーでページが表示されなかったことがありませんか?
これはサイトの情報が直ぐには検索結果に反映しないことが原因です。

つまりSEO対策をしても反映するまでには時間が必要であることを意味します。

②対策結果が反映される具体的な期間はわからない

実はGoogleの社員ですら対策結果が反映されるまでの具体的な期間はわかりません。
一般的には1ヶ月〜6ヶ月程と言われています。

ですがGoogleのクローラーにウェブサイトを巡回してもらうことで反映までの期間を早めることが可能です。

③クローラーにページを見つけてもらう方法

クローラーにウェブサイトを巡回してもらうには、インデックスをGoogleにリクエストしましょう。

そうすることでGoogleのクローラーがウェブサイトの更新情報を収集してくれるようになります。
ただしあくまで催促なので、リクエスト後即座に情報が更新されるわけではないため注意が必要です。

まとめ

最後に繰り返しですが、SEO対策で肝心な部分は「ユーザーファースト」です。
根本にこの概念がないと、どのようなSEOテクニックも空振りに終わってしまいます。
また、ドメインパワーやクローラーの問題もSEO対策に慣れていないと見落としがちな部分です。

一度で理解できない部分もあるかもしれませんが、ゆっくりでもいいので試行錯誤することもSEO対策にとって重要ですよ。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援