XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

SEO対策とは?最低限知っておきたいポイントを解説!

2021.02.22

SEO対策

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略語で、検索エンジンに評価されやすいように、Webサイトの内容や構造を読者が分かりやすいようにするテクニックのことです。

SEOを最適化することにより、検索結果における検索順位が上がり、Webサイトへのアクセス数が増えます。

アクセス数が増えることにより事業の拡大を見込むことができます。

SEO対策の必要性

アクセス数を伸ばすだけであれば、SNSを利用すればいいと考えるかもしれません。
しかし、SNS経由のアクセスよりもSEO検索からのアクセスの方が優れている点があります。

それは以下の2点です。

情報を求めている人を集客しやすい

検索エンジンを使うユーザーの多くは、自分の悩みや質問に対する「答え」を求めて検索します。
例えば、【筋トレ 成功】であれば、「筋トレして体をかっこよく鍛える方法」を知りたいと考えています。

そのため、興味のあるコンテンツの場合は積極的に情報を求める読者を獲得することができます。

継続的なアクセスを見込める

基本的に検索上位に表示させることができれば、継続的にユーザーのアクセスを獲得することができます。もちろん検索順位が下がることもあります。

一方で、SNS経由の場合は、一時的なユーザーであるのと最新の情報のみが必要とされています。

要するに、検索エンジンでの表示は、最新の情報ではなく「読者が求めている情報」が重要視されています。

そのため、継続的なアクセスが見込めるということです。

Googleから評価されるSEO対策

SEO対策・パソコン

現在Googleは、日本シェアの90パーセントを超えるとされています。そしてYahoo!もGoogleの検索エンジンを利用しています。

そのため、「SEO対策」=「Google対策」ということになります。

では、「Googleから評価される対策は具体的にどうすればよいのか?」こんな疑問があるかと思います。

Googleの基本方針を理解する

下記はGoogleが提供している「ウェブマスター向けガイドライン」です。

1.検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
2.ユーザーをだますようなことをしない。
3.検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトやGoogle社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
4.どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトに言えるようにかを考えてみる。同分野の他サイトとの差別化を図ります。

この4つの基本方針をみれば、Googleが「ユーザーを第一に考え、ユーザーが求めるコンテンツを作成」する必要があることがわかります。

1.SEO対策の基本手順

具体的なSEO対策を7つを紹介していきます。
繰り返しになりますが「検索ユーザーは検索したいわけではなく、悩みを解決したい」という思いで検索していることを念頭においておきましょう。
以下7つの手順を行うことにより、SEO検索で上位表示させることができます。

2.キーワード選定

キーワード選定は、SEO対策を始める上で一番重要です。

キーワードは、始めに適当に選んでしまいがちですが、それが本当に需要のあるワードなのかなどペルソナを意識したキーワード選択が必要になります。

例えば、
・年齢 
・性別 
・世帯規模 
・所得 
・職業 
・学歴 
・住所 
・仕事の価値観 
・お金の価値観

などを意識した上で、そのキーワードが検索ユーザーの検索意図にあっているか、競合他社が多くはないかを判断します。

そして比較的競合が多くない(検索結果が上位に表示させやすい)キーワードを選びましょう。

3.USPを意識したコンテンツ

USPとは「Unique Selling Proposition」の略で、「独自性」を指します。

検索上位と同じ記事内容では、パクリと勘違いされ違反をくらったり、検索上位表示させることはできません。
というわけで、他社サイトとの差別化を図る必要があります。

具体的には他サイトより、

・ユーザーが抱えていると思わる悩みを先回りして答えている
・ユーザーの悩みを的確に解決している
・見やすく、分かりやすい
・信頼性がある
・情報が新しい

などを意識する必要があります。

ですので、嘘の情報でユーザーを騙すような行為は絶対にやってはいけません。

4.分かりやすい文章

「視覚的に見やすく、分かりやすい」コンテンツを作成するためには、「ライティング技術」が必要です。
なぜなら、見た目が悪ければユーザーにコンテンツを読んでもらうことができないからです。
脳は「二つの思考で」で動くという研究結果があります。

1.脳への負担を減らすために自動的に高速で動く思考。物事を直感的に理解しようとする力。

2.複雑な計算など、注意力を要する作業が必要な際に、慎重かつゆっくりと動く思考。物事を論理的に理解しようとする力思考。

要するに、見た目で分かりやすい文章を書き、誰にでも理解できる内容の文章を書くことが大事です。

5.タイトルとディスクリプション

ページタイトルとディスクリプションはSEO対策において、とても重要です。

キーワードも含め、タイトルは全角32文字以内が推奨されています。
また、タイトルの表現を少し変えるだけで、ユーザーがそのページに興味を示す反応は大きく変わります。

クリック率を上げるためにもタイトルにはキーワードを必ず入れ、SEO対策する必要があります。

ディスクリプションは、上位表示に与える影響はほとんどありませんが、検索結果から選んでもらうために必要です。

6.内部リンクと外部リンク

SEOは、内的SEO(内部対策)と外的SEO(外部対策)に分けられます。
内的SEOはコンテンツの中身、つまりユーザーが必要とする情報へ移動する手助けになります。

外的SEOはコンテンツの外側、つまり外部からの評価を高める必要があります。
どちらか一方ではなく、両方をバランスよく高めていく必要があります。

内部リンクは自分のサイトで完結できますが、外部リンクは、他のサイトから評価してもらい、リンクを紹介してもらう必要があります。

「そのためにはどうすれば良いか?」を次のバズらせるコンテンツ作成で紹介します。

7.バズらせるコンテンツ作成のコツ

SNSをバズらせることにより、外部からのアクセスを大きく伸ばすことができます。
具体的には人間の欲求を理解する必要があります。

1.生理的欲求:生命を維持するための、食事・睡眠・排泄といった根源的な欲求

2.安全の欲求:安全に生きていくために、良好な健康状態や、経済安定を欲する欲求

3.所属と愛の欲求:自分が「社会のコミュニティーの一員である」と感じたいという欲求

4.承認欲求:「自分を知ってもらいたい・評価して欲しい」という欲求

5.自己実現の欲求:「自分が本当に実現したいもの」を求める欲求

これらの心理的欲求を考慮してSNSで拡散に繋がるメディアを作成することでバズらせるコンテンツを作成することができます。

結果的に外部リンクを獲得することがSEOにおける評価につながります。

8.モバイル対策

最後に紹介するのが「モバイル対策」です。
ブログを閲覧するユーザーの約7割がスマホやタブレットを利用したモバイルユーザーです。
そのため、これからはモバイルユーザーを第一に考え、スマホやタブレットで見やすいコンテンツを作成していく必要があります。

まとめ SEO対策とは?

これからの時代は、ユーザーを第一に考えて、独自性のあるコンテンツをGoogleは求めています。
上記の7つのSEO対策を行えば、SEO検索で上位表示させることができ、アクセス数アップを見込むことができるでしょう。

SEO対策には即効性はありませんが、継続して積み上げる事により大きな成果を得ることができます。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援