XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

【2021年版】広告運用とは|種類や勉強方法などを詳しく解説

2021.05.09

広告運用

最新版の広告運用について詳しく知りたい。広告運用の種類や広告運用の勉強方法についても知りたい。

→本記事で詳しく解説しています。

広告運用をする際に、本記事で紹介する内容を理解していないと、広告運用は厳しいです。

ですので、本記事で紹介するWeb広告にはどんな種類があるのか、Web広告の勉強方法、Web広告の正しい手順を必ず理解するようにしてください。

本記事では専門的な内容も噛み砕いて解説していますので、Web広告運用に自身がない方も安心して読み進めてください。

Web広告運用のハードルは低いです。

Web広告運用=難しいは間違いです。

近年、Web広告は大衆化、つまり特別なスキルのない一般の方でも広告が打てる時代になりました。

Web広告のハードルが低い理由
・広告媒体のサポート
・Web広告の情報が溢れている

広告媒体とは、Google検索、Yahoo検索、YouTubeなどの広告を掲載する媒体のことです。

近年、このような広告媒体が広告スキルのない人にも広告を打ってもらえるように、誰でも簡単に広告を打てるような仕組みを整えています。

また、Web広告代理店各社が、Web広告の運用方法をブログやSNSなどで発信しています。

これらの影響で、Web広告のハードルは年々下がっているのです。

Web広告の種類

ここからWeb広告の種類について詳しく解説していきます。

Web広告の種類
純広告
リスティング広告
SNS広告

1つずつ詳しく解説していきます。

純広告

純広告とは、広告媒体のトップページに掲載されている大きい広告などの種類の広告手法を指しています。

純広告の特徴
→広告が表示されるサイトの中で最も目立つ箇所に広告を掲載することができます

純広告を掲載したい方はサイト運営者に直接依頼し、一定期間、一定額の金額を支払う必要があります。

純広告の掲載では、大きなお金が動きますので、広告媒体としてサイトを選定する際は最新の注意を払いましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleやyahooなどの検索エンジンと連動した広告を意味しています。

リスティング広告の特徴
お好みのキーワードに、どのくらいの金額を支払うのかを自分で設定ができる

リスティング広告を行いたい方は、いくらまで予算が使えるのか、コンバージョンしやすいキーワードを選定する、など細かい作業が必要になります。

リスティング広告を活用することで、PDCAを回しながら効率よく顧客を獲得することができます。

SNS広告

SNS広告とはSNSに表示される広告です。

代表的なSNSには下記のものがあります。

Facebook
Instagram
Twitter
LINE
YouTube

SNS広告は今1番コスパが良い広告です。

と言うのも、現状純広告やリスティング広告は以前の比べ知名度が上がり過ぎてしまい、広告単価が高くなって来ています。

つまり、多くの人が純広告やリスティング広告を掲載するので、相場費用が上がっています。

一方、SNS広告はまだまだ未開拓な領域なので、単価が低い傾向にあります。

また、SNSでは細かいユーザー分けで広告を打つことができるので、少ない広告費用で多くのユーザーを獲得することができます。

これから、Web広告について勉強を始めたい方は下記の3つの方法をおすすめします。

媒体の勉強
Webメディアの活用
SNSの活用

1つずつ詳しく紹介していきます。

媒体の勉強

どこ広告媒体にどのようなユーザーが集まっているのかを理解することはとても大切なことです。

具体例)
TikTok:若者
Instagram:若者〜最近は50代女性が増えている
Google:最近の若者はGoogle離れしている

このような感じで、広告媒体ごとにどんなユーザーを抱えているのかの特徴があります。

まずはその点を理解しましょう。

その次に、どのくらいの費用が必要なのか、費用対効果はどのくらいなのかなどを調べつつ、媒体毎の特徴をインプットしてみてください。

Webメディアの活用

Web広告の勉強をする際には、Web広告代理店のメディアを参考にしましょう。

近年、Web広告代理店各社が自社メディアにてノウハウを無料で公開するようになりました。

そのおかげで、Web広告初心者であっても、有料級の情報を無料で知ることができます。

【Web広告】と検索すれば、有益な情報を沢山拾うことができます。

SNSの活用

Web広告運用の勉強方法3つ目はSNSの活用です。

実際にご自身でSNSを活用してみましょう。

YouTube
Instagram
Twitter
Facebook

色々なSNS媒体がありますが、自分の合いそうな媒体を選ぶようにしましょう。

Web広告運用の正しい手順

Web広告運用の正しい手順をここでは簡単に紹介していきます。

どの媒体を選ぶのか
広告予算を決める
実際に広告を打つ

1つずつ詳しく紹介していきます。

どの媒体を選ぶのか

あなたの商品はどこの広告にマッチしていますか?

純広告
リスティング
SNS広告

純広告の場合は、大きなメディア、小さいメディアに沢山貼るのかなどを検討しましょう。

リスティング広告の場合は、どこのキーワードに対して広告を打つのか

SNS広告の場合は、どのSNSがマッチしているのか

ここで大事なのは、あなたの売りたい商品を求めているユーザーにマッチした広告媒体です。

広告予算を決める

広告媒体を設定した後は広告予算を決めていきましょう。

ここで大事なのは2つほどあります。

純広告であれば、大きな予算を準備しなくてはいけません。と言うのも、純広告はお金をかければかけるほど広告効果が高まります。

一方、リスティング広告やSNS広告ではお金を大きくかける=広告効果が高い分けではありません。

リスティング広告やSNS広告では、いかに小さくお金を動かして大きな成果を出すかが重要になっています。

そのことを踏まえて、下記のように意識しましょう。

・純広告:大きな予算が必要
・リスティング広告やSNS広告:できる限り長期的に予算を用意する

実際に広告を打ちデータを取る

最後に実際に広告を打っていきましょう。

純広告の場合だと、正確なデータを取得することはできないのですが、純広告打つ前と打った後の差異をデータ化しましょう。

一方、リスティング広告やSNS広告であれば、広告を打った日にはデータを集めることができるので、

データ取得→改善→データ取得→改善

上記のように繰り返し改善を重ねていきましょう。

リスティング広告やSNS広告ではいかに効率よくお金を回して効果を得られるかを改善し続けましょう。

まとめ:広告運用

ここまでで『【2021年版】広告運用とは|種類や勉強方法などを詳しく解説』の解説は以上です。

本記事のまとめ
Web広告運用のハードルは年々下がっている
Web広告運用を学ぶ際はWebメディアやSNSで学習しよう。
Web広告運用で大事なことは改善していくこと。

本記事は以上です。最後までご覧くださりありがとうございました。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援