XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

【必見】Web広告運用を始めたいけど何からすれば良いのか分からない方へ〜Web広告の基本

2021.04.08

広告運用

本記事ではWeb広告運用に必要な情報を全て公開しております。

Web広告運用とは何なのか〜Web広告運用を行う手順までを詳しく解説しています。

それでは早速、本文に入っていきましょう。

Web広告とは

そもそもWeb広告とは何なのか。

簡単に表現すると、Web媒体に掲載される広告枠を意味しています。

GoogleやYahooなどの検索結果ページ、法人個人などのブログ、アプリ、メルマガ、SNSなど様々な所でWeb広告は使用されています。

日本におけるWeb広告市場は拡大し続けています。

2019年
インターネット広告:2兆1048億円
テレビ広告:1兆8612億円

このように、テレビ一強の広告市場にWeb広告は風穴を開けたのです。

このように、近年のWeb広告の勢いは凄まじいものです。

Web広告のメリット

急成長を続けるWeb広告市場ですが、どんなメリットがあって、これほどまでに急成長しているのか

・ターゲットを明確にできる
・費用が安い
・効果が計測できる
・効果が高い

最近のWeb広告では、年齢、住む地域、趣味嗜好などによって広告を設定できます。

これまでのテレビ広告では、どのくらい効果があったのかなどを計測できませんでしたが、

Web広告では効果測定が可能になっているので、多くの企業がWeb広告を活用しているのです。

Web広告の種類は沢山あります

リスティング広告
ディスプレイ広告
リターゲティング広告
ネイティブアド
純広告
記事広告
リワード広告
動画広告
SNS広告
アフィリエイト広告
アドネットワーク広告

今後のトレンドはSNS広告と動画広告になります。

Web広告運用の勉強方法

これからWeb広告運用に関して勉強したい方は下記の3点をまずは意識してみてください。

媒体ごとの知識を身につける
代理店の情報をインプットする
ご自身のSNSを運用してみる

1つずつ解説していきます。

媒体ごとの知識を身につける

Web広告運用を勉強したい方は媒体を理解することをしましょう。

媒体によって、広告表示の仕組みや運用の仕方は違います。

検索で有名なGoogleとYahooも似た仕組みを採用していますが、細部は全然違っています。

Google→細かい
Yahoo→普通

このように、似た仕組みを採用していても、運営会社の状況によって、仕組みや効果などは違います。

ですので、まずは媒体の知識を身につけましょう。

代理店の情報をインプットする

最近になって、Web広告の代理店が自社のノウハウを無料で公開するようになりました。

そういった情報は必ずキャッチアップするようにしましょう。

・YouTube
・SNS
・ブログ
・メルマガ

最近はブログでの情報が増えているので、気になる代理店のブログを調べてみましょう。

ご自身でSNSを活用する

最近のWeb広告主流の1つにSNS広告が挙げられます。

ですので、ご自身で運用することはかなり重要なことです。

また、Web広告で成果を出している方達が無料で情報を公開していることがあるので、

有識者達をフォローするためにもSNSを活用することは大切なことです。

Web広告運用の4つの手順

ここから、Web広告運用の実際の手順について解説していきます。

ターゲットを明確化
モニタリング
分析
改善

順番に解説していきます。

ターゲットを明確化

Web広告運用の手順1は「ターゲットを明確化」することです。

ターゲットとは
・男性or女性
・何歳なのか
・どこに住んでいるのか
・趣味や嗜好
・どのような検索をしている
・位置情報

Web広告では上記のように細かく設定することができます。

Web広告運用の効果を最大限に高めるには、この最初の一歩が大切です。

この点は細かく設定するようにしましょう。

モニタリング

Web広告運用の手順2は「モニタリング」です。

実際に広告を運用してみてどのような結果が得られているのかなどを学ぶことができます。

広告を打ってからは基本的に変更ができないことが多いです。

分析

Web広告運用の手順3は「分析」です。

・広告費用
・広告効果

費用を抑えつつ、効果を高めるための分析を行なっていきます。

通常、Web広告では最初にターゲットを大きく捉え、そこから反応の良い層に深くリーチしていく手法が活用されています。

分析の時に大事なのことは、どこの層に効果的なのかを発見することです。

改善

Web広告運用の手順4は「改善」です。

先ほどの分析がしっかりと行えていれば、この手順はスムーズに進みます。

というのは、分析の時点で、ある程度どこの層に刺さっているのかなどの検討をつけないと、

次の広告を出稿することができないのです。

その点を考えても、改善は分析の精度に左右されてしまうことを理解しておきましょう。

Web広告運用の資格取得

Web広告についてもっと学びたい方

→資格をおすすめします。

Google
Facebook

上記の2社は独自のWeb広告運用の資格試験を提供しています。

Google

Googleでは6つの試験を提供しています。

Google資格取得のメリット
・専門知識があることの証明
・クライアントにアピールができる

Google広告の資格試験は比較的容易に獲得できるので、お時間がある方はぜひ挑戦してみてください。

Google Web広告試験と検索すれば閲覧できます。

Facebook

Facebookでは11つの試験を提供しています。

Facebook資格取得のメリット
・Facebook、Instagramでの広告知識が増える
・今後のトレンド広告

Facebookは、Instagramを運営する会社です。

SNS広告の1つであるInstagramを理解することは大切なことなので、ぜひ挑戦してみてください。

Web広告運用の年収と転職

Web広告運用の平均年収は419万円です。

日本の平均給与よりは低い水準になっています。

理由としては、広告単価が低い、自社でできてしまう点が挙げられます。

テレビ広告などとは違い、数千円から広告が打ててしまうので、単価が低くなってしまうのです。

年収は会社規模によって違う

とは言っても、会社によっては年収は異なります。

クライアントが億単位で広告するような所と取引している会社などは、年収が跳ね上がります。

どの業界でも言えることですが、会社規模が大きければ大きいほど年収は上がる傾向にあるのです。

転職前にすべきこと

転職前にするべきことは、自分で広告を運用してみることです。

ブログ
SNS
メルマガ

先ほどお話しした通り、誰でも簡単に数千円で広告が打てます。

SNSであれば500円あればできたりするので、まずは経験値を蓄えましょう。

まとめ:Web広告運用

ここまでで『Web広告とは何なのか。Web広告の運用方法』について解説してきました。

本記事のまとめ
Web広告とは、Web上の媒体で広告を打つこと
Web広告はテレビ広告よりも市場規模が大きい
Web広告運用で大事なことはデータの分析
Web広告運用に転職したいのであれば、自分で運用を始めてみる

本記事は以上です。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援