XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

ランディングページを制作するコツ ポイントを押さえて効果的なランディングページを用意するには?

自社のホームページを新規で構築したり、リニューアルを検討したり、はたまた広告展開を考えていたりして、制作会社や広告代理店に相談した際に、「ランディングページはどうしましょう」「ランディングページを用意すればもっとよくなります」のように言われたことはありませんか?
そもそもこのランディングページとは何なのでしょうか?何のために用意し、どのように活用すればいいのか?今回は、ランディングページを制作するコツから、ポイントを押さえた効率的なランディングページについてご紹介いたします。

ランディングページの制作とは?

ランディングページとは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンや、広告などを経由してユーザーが自社のホームページに最初に訪れるページのことをさします。最初に着地するページということからLanding Pageといわれ、LPなどと略されることも多くあります。
ここでご注意いただきたい点として、ランディングページは上記のように検索エンジンや広告のような他の媒体から訪れるページである一方で、ユーザーに訴求させたい情報を盛り込んだページでもあるということです。
例えば、ユーザーが特に意識してなく自社の会社概要ページや、アクセス情報のページに訪れた場合であっても、そのページはランディングページになります。
一方で、リスティング広告やアフィリエイト広告などを行い、ユーザーに訪れてほしいと思って用意したページもランディングページになります。
この2つはともにランディングページと呼ぶため、ランディングページと一口に言っても、このどちらのパターンのことを意味しているかで、意味合いは大きく変わってきます。今回のご紹介においては、後者のユーザーに訪れてほしい、見てほしいと思って用意するランディングページについてお話させていただきます。

なぜランディングページを用意するのか?

では、そもそもなぜランディングページを用意するのでしょうか?
自社のホームページがあるのでしたら、その中で商材やサービスについて紹介しているページは存在しているはずです。そのページを活用すればいいのに、敢えてランディングページとして別のページを用意することに疑問を持つ方も多いでしょう。ただ、ランディングページを用意するのには、広告展開を実施する上で非常に重要な意味を持ちます。
例えば、自社の商品やサービスの想定するターゲットが複数考えられるとします。
男女や年齢だけでなく、地域や趣味趣向によってターゲットは異なりますが、これらに合わせて広告展開をしていった場合、広告の中ではターゲットに応じた訴求ができたとしても、そこから自社のホームページに訪れても、自社のホームページの内容がターゲットに則さなければ、購入や申し込み、資料請求といったコンバージョンにはつながる可能性は低くなってしまいます。とはいえ、自社のホームページの内容を様々なお客様に合わせて用意すると、全体の統一感が無くなってしまい、分かりにくい作りになってしまうでしょう。
そこで、ターゲットに合わせたランディングページを用意することで、自社のホームページに手を加えずとも、広告に応じた訴求を行うことができるようになります。

ランディングページ制作のメリットとは?

ランディングページを制作するメリットは、上記のように広告展開とあわせ、ターゲットに応じた訴求を自社のホームページに手を加えずとも実施することができる点にあります。
例えば、居酒屋を展開していて、リスティング広告を展開するとします。
その際に、「居酒屋 個室 接待」のようなキーワードで広告展開した時は、ターゲットがサラリーマンでも中堅の役職者の男性でしょうか。そういったターゲット向けにランディングページはシックな黒を基調とした高級感あふれるページ作りが向いているかもしれません。
また、「居酒屋 個室 女子会」のようなキーワードで広告展開した時は、ターゲットは30代前半の女性でしょうか。そういったターゲットには、可愛らしいピンク基調の安心感や注文のしやすさに特化したページ作りが向いているかもしれません。
このように、広告展開を行う際のターゲットに応じて訴求先のページを用意できる点がランディングページを制作する一番のメリットになります。
「居酒屋 個室 接待」と検索したユーザーに、ピンク基調のページを見せても来店予約にはつながりにくいかと思いますし、自社のホームページ全体をシックな黒を基調にすることも出来ないと思います。ランディングページは、自社のホームページとは別に用意するものですので、1ページから制作することができます。それ故に、訴求したいターゲットや広告手法に応じたランディングページを用意することができます。

ランディングページ制作のデメリットとは?

一方で、ランディングページ制作のデメリットは、制作にかかるコストが高くなる点にあります。どうしてもランディングページは、広告手法に応じたターゲットに合わせ作成いたしますので、数が多くなる傾向にあります。一商品やサービスに対して2~3ページほど用意することが多いですが、商品やサービスが増えればその分用意するランディングページも増加していきます。

ランディングページ制作のポイントとは?

ランディングページでは、通常の自社のホームページと異なりますので、1ページの中で必要な情報をいくらでも訴求することができます。そもそもランディングページとは、ユーザーにしっかり見てもらい理解いただくためのものですので、縦長の作りになることが多くあります。
その中で、ランディングページ制作のポイントとしては、いかに広告手法の目的を理解し、その意図を踏まえ訪れさせたターゲットユーザーにマッチした情報を提供できるかという点に尽きます。

目的をはっきりさせておこう

ランディングページ制作を効果的に行うには、まず何をもって広告展開を行うのかということをキチンと想定しておく必要があります。インターネットの広告手法は、今や世に溢れています。広告展開していく先のユーザー属性や、どういった手法・見せ方で広告を出稿するのか、その結果どういったニーズを抱えてランディングページにユーザーは訪れるのかという全体的な流れやイメージを、想定でも具現化しておかないと、いくらランディングページを制作しても無駄に終わってしまうことにもなりかねません。

いかにターゲットとなるユーザーに訴求するか

訴求したいターゲットをより細かくペルソナとして想定し、そのユーザーに刺さる広告手法と、そのユーザーを逃がさないランディングページの制作がポイントになります。

ポイントを押さえて強みを活かした訴求をしよう

このようなポイントを押さえ、自社の商品やサービスの強みを活かしランディングページ内で訴求をすれば、訪れたユーザーを逃がすことなく確実にコンバージョンにつなげることができるようになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ランディングページの制作は、ただ作ればいいという訳ではありません。広告手法に応じて訴求したいターゲットは異なりますので、そのターゲットに合わせた展開が欠かせません。広告展開とランディングページ制作は切っても切り離せない関係なのです。
よく広告代理店に依頼した場合、広告展開は実施していただけるものの、ランディングページ制作は別の制作会社というケースがよくあります。このような場合、広告手法を考える広告代理店と、ランディングページ制作を行う制作会社で考えるターゲット像がブレてしまい、集客は出来ているもののコンバージョンにはつながらないといった例もよくあります。このようにならないためにも、広告展開とランディングページ制作はセットに、全体的な流れをイメージした上で効率的なランディングページ制作を目指しましょう。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援