XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

ホームページの作成には助成金が活用できる!【初心者向け】

2021.09.11

HP作成

「ホームページ作成は補助金の援助が出る」と聞いて、「初めてホームページを運営・作成する事業者が対象だ」と多くの人が考えています。ただし、実際には、更新(すでにホームページがあり、それを再作成したい場合)も含まれています。
「ホームページの作成」が初めてで不慣れな人もいれば、2回目の人もいます。補助金の対象は「ホームページ作成」であり、現在置かれている環境とは関係ありません。
ウェブサイトを構築するためにどのような助成金や補助金があるでしょうか?
まず、どのような助成金や補助金が支給されるのかを説明します。それを読んで知識を得るだけでなく、企業の目標と合致しているかどうかを理解できれば素晴らしいと思います。

ホームページ作成の助成金①小規模事業者持続化補助金

これは、一般的なホームページを作成するために使用できる補助金です。申請要件はほとんどなく、どの中小企業でも申請できます。また、補助金額が多いため、補助金を利用する際に最初に検討する制度です。

小規模事業者持続化補助金とは?対象者や金額は?

中小企業の持続可能性補助金は、地元の雇用と産業を支援する中小企業を持続的に管理するように設計されているため、広く使用されています。
プロジェクトの審査後、プロジェクトの実施後に補助金が支給されます。
中小企業の持続可能性補助金の対象となるのは、次の要件を満たしている必要があります。
・中小企業であること。・商工会議所の管轄内で事業を行っていること。
・本事業への応募の前提条件として、持続可能な経営のための事業計画を策定する必要があります。
・前回の受付で受理・助成決定を受けた後は、助成制度を実施できない場合があります。
・反社会的勢力に属していない人。
普通型は、コロナ対策にかかわらず、継続事業計画に基づき、販売チャネルの開拓や中小企業の生産性向上に必要な費用の一部を助成します。
サステナビリティ補助金の「対象者」と補助金対象費用の「項目」
・持続可能性補助金の対象となる人
補助金の対象となる企業は、特定の要件を満たす中小企業および指定された非営利団体です。
ビジネス/サービス産業(宿泊/エンターテインメント産業を除く);常に5人以下の従業員使用、正社員20名以下。製造業等;正社員数は20名を超えない
・補助金の対象となる品目
通常およびコロナの特別支援補助金には、設備費、広報費、展示会費、旅費、開発費、資材調達費、その他のサービス費、家賃、専門家報酬、専門家の旅費、機器廃棄費用、委託費用、およびアウトソーシングコスト。
助成額は、これらの助成費用に助成率(2/3または3/4)を乗じた合計額(最大助成額)です。
一般型では、補助金の上限は50万円、補助金比率は3分の2です。

小規模事業者持続化補助金に申し込む手続き

持続可能開発補助金のウェブサイトから申請書類をダウンロードする⇒
「事業計画」と「補助事業計画」について説明してください⇒
項目2で作成した製品を地元の商工会議所に提出し、今後の「ビジネスサポートプラン」の受け取りを依頼してください。⇒
必要書類を提出先に送付⇒
持続可能補助金事務局で申請内容を確認してください。⇒
応募締切後、審査を行い、通常約1.5ヶ月で採用者に通知します⇒
養子縁組が発表された後、助成金の決定が通知されます(通常約1週間)。⇒
助成決定の通知を受け取った後、助成プログラムを開始することができます。

小規模事業者持続化補助金に申し込む時の注意点

補助金の申請に不慣れな方は、とにかく論点、用語、誤字脱字など間違えないように、特に書類不備にご注意ください。
持続可能な開発補助金と補助金の対象となる費用を賄うプロジェクトはより複雑であるため、漏れがないことを注意深くチェックしてください。

ホームページ作成の助成金②IT導入補助金

ITツール(システムを利用するツールなど)を導入する際に利用できる補助金です。
比較的大きなホームページやショッピングサイト(ネっとショップ)の作成に使用できます。

IT導入補助金とは?対象者やもらえる金額について

IT導入補助金は、中小企業や中小企業がITツールを導入する際に申請できる補助金です。
IT輸入補助金は、ソフトウェアサービス、販売管理システム、出退勤管理システム、およびビジネスの改善とビジネスの効率化に貢献するその他のITツールにのみ適用されます。通常のホームページは補助金の対象外ですが、ホームページでオンライン予約やオンライン決済サービスなどを紹介すると補助金がもらえます。
・通常のフレーム枠
補助対象経費;ソフトウェア費、紹介関連費
補助ズーム; 1/2以内
補助金の下限・上限;タイプA:30万円〜150万円、タイプB:150万円〜450万円
・低感染リスクのビジネスフレーム枠
Cタイプ(感染リスクの低い業種);30万円〜450万円
Dタイプ(リモートオフィス対応タイプ);30万〜150万円
補助ズーム; 2/3

IT導入補助金に申し込む手続き

小規模事業者持続化補助金に申し込む手続きに準じます。

IT導入補助金に申し込む時の注意点

応募する際には、IT導入による生産性向上を目標とした事業計画書が必要ですので、必ず準備してから応募してください。
一般的なホームページの作成は、IT導入補助金の範囲外であることに注意してください。
IT導入補助金には下限があるため、目標手数料が60万円未満の場合、原則として申請することはできません。

ホームページ作成の助成金③地方自治体の補助金・助成金

都道府県や市町村などの自治体が運営する制度です。市町村内で事業を行っている必要があり、補助金の限度額が低いことがよくあります。地域の実情に応じて補助金・助成金の申請ができます。

地方自治体の補助金・助成金とは?

地方自治体からの補助金や補助金を受け取るためには、各地方自治体で事業を行っている事業者向けです。

補助金・助成金を実施している自治体の例

■福岡県
福岡市中小企業デジタルトランスフォーメーション推進モデル企業補助金
社会の新しい常態に適応するために、デジタル技術を使用して運営基盤を統合し、市の中小企業補助金プログラムで企業の変革とアップグレードを促進します。
ITコンサルティングやホームページ制作費に利用できます。
■東京
中央区「中小企業ホームページ制作費補助金」
区内の中小企業や自営業者が新しいホームページを作成したり、さらにホームページを変更したりした場合、区は制作費の一部を助成します。
江戸川区「販売チャネル拡大支援事業補助金」
江戸川区の中小企業には、ウェブサイトや会社紹介動画、展示会への参加など、受注拡大に必要な費用の一部を助成しています。
練馬区ホームページ制作費補助金
ゾーン内にホームページを持たない中小企業や、税法に基づいて収益性の高い企業を運営している個人や団体に対しては、一部の企業のホームページ開設料を助成します。
■大阪
吹田市-中小企業ホームページ制作補助金
大阪府吹田市に事務所を構える中小企業が、吹田市の事業主にウェブサイトの作成を依頼する際に補助金を受け取る制度です。制作費の1/2(5万円まで)です。補助金の申請は、各企業で1回のみ可能ですのでご注意ください。
■広島県
三原市…三原市中央区振興事業費補助金
ホームページ制作費補助金を受け取ることができるシステムであり、その目的は、地域社会に貢献し、ビジネス、産業、組織のために都市を活性化することです。上限はコストの1/2(50万円まで)なので、活用してみましょう。

地方自治体の補助金・助成金に申し込む時の手続き

小規模事業者持続化補助金に申し込む手続きに準じます。

地方自治体の補助金・助成金に申し込む時の注意点

採択率を上げるための最も重要なことは、「申請書類」を適切に作成することです。当たり前のように思えますが、多数の申請書類が不完全で受け入れられません。
事業計画や経費報告書など、必要な書類がすべて揃っていることを確認し、完全な条件で申請してください。申請に必要な書類は、各補助金・補助金の公式サイトに記載されていますので、作成時に参照してください。
多くの場合、補助金率または補助金限度額は国の補助金よりも低くなっています。

まとめ

最後に、ホームページ制作補助金を利用する際のスクリーニング合格率向上のポイントをご紹介します。
★申請書類をきちんと準備する
まずに、規則に従って正しく適用することが重要です。各補助金の公式サイトには、事業計画書や経費報告書など必要な書類が掲載されていますので、十分に準備し、完成させてください。特に、ビジネスプランが重要で現実的なプランに合致させます。
中小企業の持続可能性補助金を使用する場合は、商工会議所を通じて提出することを忘れないように注意してください。
★テスト項目をわかりやすく統合する
ホームページ制作で多用されている中小企業のサステナビリティ補助金やIT導入補助金の平均採用率は85%を超えています。確実に採用されるためにしなければならないことがいくつかあります。具体的には、同社の製品やサービスのメリット、顧客層や市場動向の分析、具体的なオペレーティングシステムやWebサイトの目標などの情報を事業計画に適切に組み込む必要があります。
この種の情報は、選考試験の項目であり、内容が適切であると判断された場合、採用の可能性が大幅に高まります。また、チャートや表を用いて、市場動向などの定量化できるものを可能な限り組み合わせて理解しやすくすることも効果的です。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援