XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

SEO対策で重要なキーワード選定は競合サイトを調査すればOK

2021.02.15

SEO対策

SEO対策にとってキーワード選定は重要です。
この部分を意識しないとアクセスを伸ばすことは厳しいでしょう。

この記事ではキーワード選定の重要性から具体的なキーワードの決め方を解説します。

せっかく作成したコンテンツもアクセスがなければ意味がありません。
労力を無駄にしないためにもキーワード選定について必ず抑えておきましょう。

SEO対策でキーワード選定は超重要

検索されないキーワードを利用してもアクセスは増えない

ユーザーはGoogleの検索ボックスに調べたいキーワードを入力してウェブサイトにアクセスをします。

つまりウェブサイトにアクセスをしてもらうためには、ユーザーがどのようなキーワードを入力するのか事前に予測して記事タイトルを付ける必要があります。

これはSEO対策でも重要なポイントです。

まずユーザーが検索するようなキーワードで記事タイトルをつけなければ、ユーザーの目に止まりません。

記事をがんばって書いたのにキーワード選定に失敗しているとアクセスは一向に増えません。

記事内にどれだけSEO対策を施し、ユーザーにとって有益なコンテンツを作成しても、ユーザーに検索されるタイトルでなければ意味が無いということです。

多くのユーザーに見られるコンテンツを作る為にはキーワード選定から始めることが大切です。

ユーザーは記事タイトルを見て決める

みなさんがGoogle検索を利用するシュチュエーションを想像してみてください。

調べたいキーワードで検索をした後、検索結果からどのように自分が見たい記事を選ぶでしょうか?

タイトルを見て自分の欲しい情報が記事内に書かれていそうか判断してからクリックしますよね。

記事の内容がユーザーにとって有益であっても、タイトルとユーザーの検索ニーズがマッチしていると判断されなければクリックされません。

つまり記事タイトルは記事の内容をユーザーに想起させるように付けることが大切です。

ユーザーが求める情報はキーワードを見ればわかる

コンテンツを作成する前にキーワード選定をすることは、ユーザーにとって有益な情報を提供するための大前提だと思ってください。

逆に言えばキーワード選定をせずコンテンツを作ることはユーザーの声を無視した自分都合のコンテンツを作ることになります。

後ほど紹介するキーワード選定ツールを利用することでユーザーの検索意図を先読みできます。

Googleが掲げる10の真実にて「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と明記されているとおり、ユーザーのニーズを満たすことこそが最大のSEO対策になります。

キーワードをじっくり調査してユーザーのニーズを読み取ることを心がけてください。

SEO対策における具体的なキーワード選定方法

ここからは具体的にキーワードを選定する流れを説明します。

大まかな流れとしては下記の通りです。

競合調査
検索需要のチェック
キーワードの最終選定

まずは思いついたキーワードで検索してみよう

まず書きたい記事の内容をざっくり決めます。
その後に、構想上の記事内容を実際に検索しそうなユーザーの身になってgoogle検索をしてみましょう。

検索結果上位の記事はgoogleに評価されている記事です。言い換えればユーザーにとって有益だと判断された記事なので必ず目を通すようにしましょう。

google検索の上位に表示されている記事を調査することで、必要なコンテンツ内容が見えてきます。

それらの記事と構想上の記事内容がずれていなければ選んだキーワードは問題有りません。

予想していた内容とこれから書きたい記事の内容がずれている場合はキーワードを変えて検索してみてください。

検索結果の上位に「国、大企業、病院」などのページが表示された場合は注意しましょう。

これらのウェブサイトはgoogleから信頼性が高いと評価されており、それらのウェブサイトを抑えて個人のウェブサイトが検索上位に上がることは基本的にありません。

つまり競合相手が強いキーワードで記事を書いても労力が報われない事がほとんどです。

競合相手が強すぎる検索キーワードはSEO対策の観点から避けるべきでしょう。

しかし競合相手が強いキーワードでも上位表示させる方法があります。
その方法については次項で紹介します。

検索需要があるかチェックしよう

キーワードが決まったら検索需要があるかチェックしましょう。

検索需要をチェックするにはgoogleキーワードプランナーを利用する方法が一般的です。

キーワードプランナーを利用することで指定したキーワードの月間検索ボリュームをチェックできます。

検索ボリュームが多いほど対象のキーワードで検索するユーザーが多いことを意味します。
逆に検索ボリュームが少ないと、良い記事を書いても検索ユーザーが少ないためアクセスの獲得は難しいです。

ですが悩ましいことに検索ボリュームが大きいキーワードは競合相手も多いです。

その場合は複合キーワードや共起語を追加し、ターゲットユーザーを絞り込みましょう。

検索キーワードを増やしターゲットを絞り込むと、必然的に記事内容の範囲も狭まってきます。

そうすることで書くべき内容の方向性もわかりやすくなるメリットも生まれます。

ブログ初心者やウェブサイトのコンテンツが少ないうちは検索キーワードを増やしてターゲットを絞り込むことでアクセスを獲得しやすくなるでしょう。

ツールを利用してキーワードを絞り込む

選択したキーワードの競合サイトが強すぎる場合には、複合キーワードや共起語を追加し、他サイトとの差別化を図ることで検索上位に上がりやすくなります。

複合キーワードや共起語を調べるためにはラッコキーワードを利用すると良いでしょう。

SEO対策は椅子取りゲームのようなものなので、相手が多いキーワードでは必然的に不利になります。

競合相手が少ないキーワードを選定することはSEO対策にとって重要な部分です。

SEO対策だけの為にキーワードを決めるのはやめよう

googleは「ユーザーファースト」を目標として掲げています。
SEO対策を意識しすぎるあまりユーザーの利便性や視認性を無視したウェブサイトも少なくありません。

ユーザーはGoogleではなく人間

SEO対策の為にキーワードを選定しているとgoogleに好かれることばかりを考えてしまいがちです。

しかし記事をクリックするのはユーザーであり、記事を評価するのも同じユーザーです。

クリックされるタイトルにしなければ意味がない

SEO対策を意識しすぎて検索ボリュームがあるキーワードを大量に盛り込んだタイトルを時々見かけます。

そのようなSEO対策を意識しすぎたタイトルはユーザーにクリックされません。
読んでわかりやすく、ユーザーにとって魅力的なタイトル設定を意識しましょう。

検索回数が少なくても必要な記事がある

選んだキーワードの競合が強い場合でも自身のウェブサイトに必要なコンテンツは作成するようにしましょう。

その記事単体では検索上位を獲得できないかもしれませんが、他の記事からリンクを貼ってページに誘導しアクセスしてもらうこともできます。

ユーザーの検索目的が1つのウェブサイト上で完結できるのが理想形です。
その為には勝ち目のないキーワードで記事を書く必要もあるでしょう。

まとめ

SEO対策において重要なキーワード選定について紹介しました。

キーワード選定は必ずコンテンツを作成し始める前に行いましょう。
また、キーワードを決めたら検索結果に表示される上位ページは必ず調査してください。

そうすることでコンテンツに必要な記事内容の方向性も決まってきます。

最後にツールを使って検索需要をチェックしましょう。
競合サイトが強ければ複合キーワードや共起語を足してターゲットを絞り込んでください。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援