XMarke株式会社

サービス紹介

特徴

サービス一覧

マケメン

ブログ

お役立ち資料

会社概要

採用情報

ブログ

BLOG

ブログ

新規事業展開にコンサルを活用する方法

2021.09.11

新規事業

新規事業開発は、戦略策定から実行まで、多くのプロセスで構成されています。まず、この記事の前半を読んで、新しいビジネスの開発の概要を理解してください。そこでは、どの部分を参照する必要があるかを明確にしましょう。
記事の後半では、コンサルテーションを紹介する際の成功の秘訣を説明します。

新規事業展開のプロセスとコンサルの状況を理解する

企業経営を取り巻く環境は常に変化しています。事業構造を再検討し、環境への配慮を最適化し続ける必要があります。新規事業開発は、企業が生き残るために事業環境の変化に対応するための戦略です。

企業成長マトリックスと新規事業の方向性の決定

すべての製品またはサービスにはライフサイクルがあります。同じ製品やサービスを提供し続けると、会社は衰退します。
企業の継続的な成長にはいくつかの方向性があります。「市場浸透」は既存市場における既存の製品とサービスを強化し、「市場開発」は既存の製品とサービスを新しい市場に提供し、「市場開発」は新しい製品とサービスを既存の市場に提供し、「製品/サービス開発」と「多様化」は新しい市場に新しい製品とサービスを提供します。
新規事業開発は「市場開発」または「製品・サービス開発」に相当します。会社がどの段階にあるか、成長、成熟、または衰退を客観的に理解し、新しいビジネス開発の方向性を決定します。

新規事業のコンサル展開方法

新規事業開発の一般的なプロセスについて説明します。何ができるのか、何が必要なのかを明確にしてください。

決定する前に新規事業コンテンツを処理する方法

新規事業の計画には、次のプロセスが必要です。
・事業環境分析
事業を取り巻く環境を分析することで、会社の特徴や世界の動向を客観的に把握し、新規事業の方向性を明確にすることができます。事業環境の分析については、「内部環境の長所と短所」や「外部環境の機会と脅威」の観点からSWOT分析などの手法があります。
・ビジネス哲学の抽出
新規事業の方向性を明確にした上で、事業アイデアを抽出します。アイデアを上手く磨くためのポイントは、「自由な発想」と「内部環境のメリットと外部環境の機会の活用」です。
・事業テーマの決定
抽出したビジネスアイデアから最終的なビジネステーマを決定する際には、実現可能性を評価し、ビジネスリスクを評価します。実現可能性は、需要が期待できるかどうか、または会社が供給できるかどうかを判断することです。ビジネスリスクは、損傷や故障の可能性です。
・経営理念の決定
ビジネステーマを決定した後、ターゲット顧客による製品やサービスの取得の論理を明らかにします。
具体的には、最初に誰を提供するか、何を提供するかを決定します。対象商品・サービスの理由、時間(時期)、場所、取得方法、価格を明確に想定できれば、商品・サービスのデザインからデザインまでマーケティングおよび価格戦略を構築できます。
・対策と内部システムの見直し
経営理念を策定した後、以下の観点から社内体制を検討していきます。
リソースと専門知識の使用方法。生産、調達、流通システム。プロモーションと販売方法。収支構造と財務計画。ビジネスを管理する方法。

確認後の新規事業コンテンツの扱い方

・事業計画の策定
事業内容を決定した上で、以下の観点から事業計画を策定し、引き続き努力していきます。
起業家精神から拡大までの実行プロセス、進捗状況と定量的/定性的目標の測定、ビジネス評価方法、財務計画
・事業計画の進捗管理
新しい事業計画で重要なことは、事業計画の進捗を徹底的に管理することです。計画の見直しやシステムの見直しなど、環境を継続的かつ柔軟に最適化することで、新たなビジネスを実現できます。

新規事業展開にコンサルを活用するポイント

コンサルタントを雇うかどうかにかかわらず、新しいビジネスで成功するためには、会社のエネルギーを維持し、時間をかけて増やすことが重要です。起業するのが一番難しいのは社員です。起業は社員の助けなしにはできないことを理解しておく必要があります。

新規事業展開に関する見解をコンサルと共有する

エネルギーを維持するためには、慣れ親しんだシステムで作りたいビジネスを実現することが重要です。
コンサルティングを活用したプロジェクトの開始時には、通常はアイデアに基づいており、内容に自信がありません。しかし、「こういう考え方で事業をしたい」「新しい事業を展開してこうなりたい」という意向をコンサルタントに明確に伝えることで主導権を握ります。
コンサルタントは、新規事業の経験とノウハウを有しており、効率的かつ着実に新規事業の開発を推進するための意見や提案を行っています。したがって、新しいビジネスを成功させる可能性を高めることができます。

企業とコンサルの間の役割分担を明確にする

新規事業の展開に関係なく、コンサルタントに依頼する場合は、「コンサルタントの要件」を明記する必要があります。
新規事業開発の場合、経験や専門知識の不足を解決するために相談がよく使われます。ただし、コンサルタントにすべてを任せると、良い結果は得られません。これは新しいビジネスを営む会社であり、あなたが主導権を握らない限り、物事を前進させることはできません。
私たちが中心となるためには、私たち自身の立場を計画し、範囲を明確にし、不確実性を協議で補う必要があります。

コンサルなしで会議を開く機会を提供する

コンサルタントをご利用の場合、コンサルタントは新規商談会に参加し、意見・提案をさせていただきます。
会社自体が内容を検討し、最終的な結論を導き出しますが、コンサルタントが立ち会うたびに結論を導き続けることはお勧めできません。その理由は、コンサルタントがいる限られた時間の中で、メンバー全員が揺らぐことなく理解し、説得することが難しいためです。
一部の会員はその場で質問に答えられない場合があり、また再検討する際に問題が発生する場合があります。これらすべての問題が解決され、結論が蓄積されない限り、会社が望む方向に新しいビジネスを実現することは不可能です。
したがって、コンサルタントなしで意識的かつ体系的に会議を開く機会を提供することは効果的です。

コンサルと情報を共有する

コンサルタントを利用して信頼できる結果を得たい場合は、コンサルタントと情報を共有することが重要です。
新しい事業計画が途中で失敗した理由の1つは、「機会を逃す」ことです。
情報共有体制が整っていれば、コンサルタントはいつでも状況を把握し、正確な意見や提案を出すことができ、毎回慎重に内容を見直し、新たな事業活動をスピードアップしていきます。

新規事業展開におけるコンサル人材の活用

専門人材の活用率は?

ビジネスの世界では、専門的な人材を共有するためのメカニズムがあります。
専門的な人材とは、特定の分野で豊富な実務経験と幅広い知識を持っている人を指します。
この人材を可能な限り雇用コストをかけずに活用する新たな人材活用モデルが世界的に注目されています。

コンサル人材の新規事業への展開と活用

新規事業の開拓においても、専門的な人材を活用することで、社内の経験や知識不足の問題を解決しながら、新規事業の確実性を高めることができます。

コンサル活用(アドバイザー)との違い

専門的な人材の活用とコンサルティングの活用には、以下のような違いがあります。
・多くの場合、人的資源の管理とトレーニングは委託されています。
もちろん、多くの専門的な人材がコンサルティング会社で働いていますが、多くは商業会社でも働いています。いわゆる外部コンサルタントとしてではなく、内部人材を育成し、企業の成功をリードするという観点から、支えてくれる人材はたくさんいます。
・事業に従事する
社内業務には専門的な人材が従事しています。
たとえば、社内の誰もが適切な事業計画を立てることができない場合、専門家はそれを作成し、従業員に特定の実践的な方法を教えることができます。

まとめ

以上の考え方を踏まえ、新規事業開発における優れたコンサルティングアプリケーションを説明し、会社独立プロジェクトやコンサルティングを含むプロジェクトを実施することで、新規事業の開発を推進し、必要なコンサルティングの役割を果たしていきます。この方法は、会社の客観性を強調することを目的とし、会社の計画の内容と結果を評価することに焦点を当てています。
3D画像制作、セキュリティシステム、予約管理システムなどのWEB関連商品を販売し、販売先のお客様へのビジネスシステムの紹介やIT運用のコンサルティングなど、ITサポートに関連する総合的なサポートを行ってそれを成功させ、その結果業績は改善します。

大手企業からスタートアップまでwebマーケティングを総合的に支援