暮らしのメディア

まつ毛パーマ、施術中のコンタクトレンズはどうすればいい!?

woman g28a4253e3 1920 940x627 - まつ毛パーマ、施術中のコンタクトレンズはどうすればいい!?

まつ毛パーマをするときに、アイメイクやビューラーを控えるということはよく注意喚起があり、みなさんもご存知かと思います。では、コンタクトレンズを付けたままの施術は大丈夫なのでしょうか?
施術前の準備として意外と見落としがちになってしまうのがコンタクトレンズですが、思わぬトラブルを起こさないために、まつ毛パーマをする前に知っておいて欲しいことがあります。
今回はそんなコンタクトレンズによる影響や、起こりうるトラブルについてご紹介していきたいと思います。

【まつ毛パーマをする時のコンタクトレンズ】施術中コンタクトレンズは外すべき?

OMG151018080I9A2227 TP V 1024x682 - まつ毛パーマ、施術中のコンタクトレンズはどうすればいい!?

施術中コンタクトレンズは外したほうがいいのでしょうか。詳しく解説します。

ハードレンズの場合

ハードレンズを使用している場合は、施術中の接触によりズレてしまう可能性があるので、外して施術を行うところが多いようです。万が一、レンズが破損した時などは、眼を傷つけてしまうので、ハードレンズの方は必ず外してからのぞみましょう。

ソフトレンズの場合

ソフトレンズの場合は、施術中も装着OKのところもあるようです。装着してもいいか分からない場合は、実際に施術を行うサロンに確認してみましょう。
ドライアイのような、眼が乾きやすい方は長時間コンタクトを付けたまま目を閉じていると、目が乾きやすくなるため、外すことをおすすめします。

カラコンの場合

最近はカラコンをしている方も多いかと思います。カラコンもソフトレンズと同様に柔らかい素材でできていますが、一般的に、カラコンの方が透明なソフトレンズよりも厚みがあって酸素を通しにくく、その上含んでいる水分量が少ないです。なので、ソフトレンズよりもさらに乾燥しやすく、角膜が酸欠を起こしてダメージを受ける可能性があります。

ソフトレンズでも注意が必要

コンタクトレンズを付けたまま長時間目を閉じていると、レンズが乾燥し、眼に張り付いて時に痛みを感じる場合があります。
目は、まばたきによって、涙が眼の表面に行き渡ることで潤います。目をずっと閉じている状態だと涙が供給されずに、眼の中の水分は徐々になくなっていき、眼が乾燥していきます。そうすると、目を開けた時に、乾燥感や張り付き感を引き起こしてしまいます。
また、コンタクトレンズを付けている時は、レンズが角膜を覆ってしまっているため呼吸ができない状態になっているので、代わりに角膜は涙から酸素を取り込んでいます。涙が乾いてしまい、酸欠状態が続くと、角膜はダメージを受けやすい状態になるので注意が必要です。

【まつ毛パーマをする時のコンタクトレンズ】コンタクトレンズの人がするべき準備

luca iaconelli GmoHIZ61eMo unsplash 1024x678 - まつ毛パーマ、施術中のコンタクトレンズはどうすればいい!?

コンタクトレンズの人がするべき準備をご紹介します。

コンタクトは外して行く

施術を受けに行く時は、コンタクトを外してメガネで行くことをおすすめします。サロンによってもコンタクトの対応は様々です。サロンでコンタクトを外す際に、コンタクトケースや洗浄液の準備のないサロンもある可能性もあります。なので、最初からメガネで行ってしまうのが一番確実で安心です。施術中だけ外したいという方は、コンタクトケースと洗浄液を用意しておきましょう。

施術中のみ外す場合はメガネを持って行く

施術中の時だけコンタクトレンズを外したい方は、念のためメガネも持って行くことをおすすめします。時に、施術中のトラブルにより、目に痛みを感じたり、充血してしまった場合、コンタクトレンズを付けて帰れなくなる場合も想定されます。コンタクトレンズが付けられなくなっても大丈夫なように、メガネも用意しておきましょう。

【まつ毛パーマをする時のコンタクトレンズ】まつ毛パーマの時間

clock g10d69007c 1280 1024x682 - まつ毛パーマ、施術中のコンタクトレンズはどうすればいい!?

まつ毛パーマの時間はどのくらいなのでしょうか。

施術時間

まつ毛パーマの施術時間は大体40分程度です。毛の質によっても変わりますが、長くても50〜60分程度になります。コンタクトをしている状態だと、施術時間が長ければ長いほど、目にも負担がかかってくるので注意しましょう。

施術工程

①目元に保護のためのテープを貼る
まず、目の周りに薬剤が付かないように、保護用のテープを貼り目元を保護していきます。

②まつ毛をきれいにする
まつ毛に付いている皮脂や、メイクの汚れなどを落としていきます。これはきれいにカールをかけるために、薬剤をよく浸透させていくのに大切な工程です。

③ロットにまつ毛を巻きつけていく
ロットにまつ毛を巻き付けていきます。こと時にまつ毛が曲がったり重なったりしないよう、1本1本真っ直ぐにしてロットに巻き付けていきます。

④まつ毛にパーマ液1を塗る
パーマ液は多めにまつ毛の上に塗っていきます。この時に目に入らないように、まつ毛の根元のギリギリ上のあたりから塗ります。パーマ液1を塗ったら10分から15分程度おいておきます。

⑤ パーマ液1を落として、パーマ液2を塗る
時間になったら、コットンなどでパーマ液1を拭き取ります。拭き取ったらパーマ液2を塗る前にまつ毛の流れを整えておきます。まつ毛をきれいにしたら、今度はパーマ液2を塗っていきます。パーマ液2を塗ったら、また15分程度おいておきます。

⑥パーマ液を落としてまつ毛をケアする
時間になったらパーマ液2をしっかり落とします。まつ毛の美容液などを塗ってケアをしてから終了になります。

【まつ毛パーマをする時のコンタクトレンズ】その他に注意すべきこと

eyelash curler g023c81467 1920 1024x581 - まつ毛パーマ、施術中のコンタクトレンズはどうすればいい!?

その他に注意すべきことについて解説します。

当日はマスカラ・ビューラーをしない

施術当日はマスカラやビューラーはしないでください。マスカラだけでなく、目元周辺のアイメイクも控えましょう。まつ毛パーマの施術前にはまつ毛の洗浄があり、事前に目元のメイクのオフが必要になります。サロンによっては別途オフ代がかかる場所もあるので、アイメイクはして行かないように気をつけましょう。

できればメイク自体も控える

できれば、まつ毛パーマをする当日はメイクは控えて、すっぴんの状態で施術を受けることをおすすめします。施術当日はなるべくまつ毛を濡らさないことが長持ちのポイントになります。
施術後24時間はまだ薬剤が定着しておらず、まつ毛を濡らしてしまうと、カールが伸びてしまう可能性があります。髪の毛のパーマをかけた時にも「今日はシャンプーを控えてください」と言われたことがある方もいると思いますが、これと同じ理由です。
なので施術当日はなるべく洗顔は避けて、濡れたタオルで顔を拭く程度にしましょう。

アレルギーに注意

中には使用する薬剤によりアレルギーを引き起こしてしまう人もいます。アレルギーは皮膚に触れた物質に対して、体が有害であると判断することで、免疫系が反応を起こして発生します。
皮膚が問題の物質に触れると、皮膚がその物質に対して敏感になります。物質に一度触れただけで敏感になることもあれば、何度も触れなければ生じないこともあります。なので、一度のまつ毛パーマで何も起きなくても、回数を重ねるうちに、アレルギーを発症することもあります。アレルギーが起きた時は、すぐに病院へ受診し、まつ毛パーマもしばらくお休みをした方がいいでしょう。

初めての方はパッチテストを

まつ毛パーマが初めての方で、アレルギーの不安がある方は、予約時にパッチテストを希望する旨を伝えておきましょう。パッチテストをする場合は、手首などの皮膚が薄い部分にパーマ液を塗布し、数分置いて拭き取ります。そこから数日様子を見て、腫れや赤みが出なければ後日全ての施術を行います。

まとめ

これから初めてまつ毛パーマをする方で、目が乾きやすい方や、装着したままの施術が心配な方は、コンタクトレンズは外して受けましょう。サロンによってコンタクトレンズに対する対応はまちまちなので、分からないことがあればサロンへ問い合わせてみましょう。
コンタクトくらい大丈夫だろうと軽い気持ちが、思わぬトラブルの原因になるかもしれません。事前に施術で起こりうるリスクをよく理解しておくことが大切です。目は体の中でも特にデリケートな部分なので、衛生面に気をつけながら丁寧なケアを心がけましょう。

関連記事のおすすめはこちら  【まつ毛パーマのアフターケア】美容液は使うほうがいい?美容液の種類や、美容液を使うメリットは