暮らしのメディア

まつ毛パーマを長持ちさせるクレンジングの方法&日頃のケア

woman g9b404d420 1920 940x627 - まつ毛パーマを長持ちさせるクレンジングの方法&日頃のケア

近年、手軽にできて大人気のまつ毛パーマですが、できるだけキレイなカールを長期間キープしたいですよね!
まつ毛パーマはクレンジング方法や日頃のケアを工夫するだけで、持ちの良さが全く変わってきます。
今回は、まつ毛パーマを長持ちさせるキーとなるクレンジング方法や、日頃のケアの仕方についてご紹介したいと思います。

【まつ毛パーマのクレンジング】まつ毛パーマの弱点

woman g9b404d420 1920 1024x683 - まつ毛パーマを長持ちさせるクレンジングの方法&日頃のケア

 

弱点について解説します。

水濡れ

まつ毛パーマは水濡れに弱いです。まつ毛パーマをした当日はもちろん水に濡らすのは避けて欲しいのですが、それ以降でも、なるべく水に濡れた状態にしておかないことが大切です。

刺激

まつ毛には生えかわりの周期があります。刺激を少しでも抑えて、まつ毛に負担をかけないことで抜け落ちる量を減らし、生えかわりの周期を少しでも延ばすことができます。

洗浄力の強いクレンジング剤

洗浄力の強いクレンジングオイルを使用すると、必要以上にまつ毛の油分を流れ落としてしまい、潤いがなくコシの弱いまつ毛になってしまいます。そのような状態になると、カールが落ちてきたり、まつ毛が抜ける原因になります。

乾燥

まつ毛は中心部からメデュラ、コルテックス、一番外側のキューティクルという構造をしています。まつ毛が乾燥すると、一番外側のキューティクルが剥がれ、内部に蓄えられた水分や栄養が失われてしまいます。そうするとパーマの持ちが悪くなったり、まつ毛パーマがかかりにくくなる可能性があります。

【まつ毛パーマのクレンジング】メイクで気をつけるべきこと

cosmetics gcadda729e 1920 1024x768 - まつ毛パーマを長持ちさせるクレンジングの方法&日頃のケア

気をつけるべきことにはどのようなものがあるのでしょうか。

マスカラの塗り方

まつ毛パーマをしている時は、マスカラの塗り方に注意しましょう。マスカラは、まつ毛の先端にちょこっと塗る程度にしておきましょう。根元からしっかり塗ってしまうと、クレンジングの時に強くこすってしまうので、できるだけマスカラの量は控えめにしましょう。

マスカラを使うときは落としやすいものを

普段ウォータープルーフなどの落ちにくいマスカラを使用している方は、お湯でオフできるような落としやすいマスカラを使用するのがおすすめです。
また、マスカラの下地を利用することで、マスカラのダメージからまつ毛を守ることができ、マスカラ下地に含まれている美容成分によりトリートメント効果も期待できます。

アイラインはがっつり引かない

これもクレンジングのしやすさの点から、アイラインをがっつり引くのは控えましょう。一般的に、アイラインはまつ毛の根元近くに引きますが、これをオフする際にはまつ毛の根元あたりをこする必要があります。まつ毛の根元をこするのは、特にまつ毛が抜ける原因となるので、アイラインは控えめにしておきましょう。

ビューラーは使わない

まつ毛パーマをしてしばらくすると、カールのばらつきが気になってくるかもしれません。そんな時にビューラーを使いたくなってしまいますが、そこでは使わずに再度まつ毛パーマをすることをおすすめします。そうすることで、少しでもまつ毛の抜け毛を防ぐことができます。

【まつ毛パーマのクレンジング】まつ毛パーマを長持ちさせる洗い方

woman g28a4253e3 1920 1024x683 - まつ毛パーマを長持ちさせるクレンジングの方法&日頃のケア

長持ちさせる洗い方をご紹介します。

マスカラのオフに綿棒を使う

マスカラのオフに綿棒を使用します。まず、綿棒の先にクレンジング剤を含ませて、まつ毛の流れに沿ってなでるようにマスカラを落としていきます。綿棒の先端は繊維でできているので、この繊維が汚れをきれいに絡めとって落としてくれます。

クレンジング剤の成分に気をつける

クレンジング剤は洗浄力が強すぎないもので、できるだけ摩擦を抑えて落とせるものを選びましょう。オイル系であったら、洗浄力の強いエステル系のものは避けて、油脂系の植物・動物由来のオイルを選びましょう。油脂系のものは比較的高価ですが、人の皮脂と似ていて肌馴染みがよく、乾燥しにくいのが特徴です。
他にも、ジェルクレンジングやクレンジングバームのようなものは、摩擦が軽減できるのでまつ毛パーマにおすすめのクレンジング剤です。

洗顔後はしっかり水分を拭き取る

最初に説明したように、まつ毛パーマの水濡れは、パーマをかけた当日でなくても気をつけるべき点です。洗顔後はタオルでこすらずに、上から優しく押さえるようにして水分を拭き取りましょう。

【まつ毛パーマのクレンジング】まつ毛パーマにおすすめのクレンジング

soap dispenser g4a9c83a01 1920 1024x646 - まつ毛パーマを長持ちさせるクレンジングの方法&日頃のケア

おすすめのクレンジング方法をご紹介します。

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは摩擦が小さく、肌への刺激が少ないのが特徴です。ジェル特有のトロッとした感触で、肌へのなじみがよく、伸ばしやすいという利点があります。
なめらかな使い心地で、摩擦によるお肌への刺激も抑えられることもメリットで、あまり刺激を与えたくないまつ毛パーマのクレンジングとしてピッタリです。

クレンジングバーム

クレンジングバームのバームとは軟膏のことをいい、クレンジングバームは、オイルを固めたものなので肌に乗せると体温でとろけるように溶けていきます。そのため、メイクと馴染みやすく、アイメイクやしっかりメイクも効果的に落とせます。メイクを落とすのに強くこする必要がないので、マスカラもまつ毛に負担をかけずにオフができます。

ポイントメイクリムーバー

ポイントメイクリムーバーは通常のクレンジング剤よりも洗浄力が強い印象がありますが、中にはヒアルロン酸やリピジュアのような保湿成分が配合されているものもあります。そのようなポイントメイクリムーバーを選ぶことで、マスカラを効果的に落としつつ、保湿もできるので、まつ毛を痛めずにクレンジングができます。

【まつ毛パーマのクレンジング】まつ毛パーマを長持ちさせるポイント

skincareIMGL7962 TP V 1024x682 - まつ毛パーマを長持ちさせるクレンジングの方法&日頃のケア

長持ちさせるポイントについて解説します。

施術した当日に気をつけること

施術当日はなるべくまつ毛を濡らさないのが長持ちのポイントです。施術後24時間はまだ薬剤が定着しておらず、まつ毛を濡らしてしまうと、カールが伸びてしまう可能性があります。髪の毛のパーマをかけた時にも「今日はシャンプーを控えてください」と言われたことがある方もいると思いますが、これと同じ理由です。
そのため、施術当日はなるべく洗顔は避けて、濡れたタオルで顔を拭く程度にしたり、クレンジングで目元をゴシゴシ擦らないようにしましょう。なるべくまつ毛が乾いている状態にしておくのがいいので、まつ毛に水分がついてしまった場合は速やかにタオルで拭き取りましょう。

うつぶせ寝は避ける

うつぶせ寝をすると、寝ている間に枕とまつ毛がこすれてしまい、まつ毛が抜けてしまう可能せがあります。また、枕にまつげが押しつぶされてしまって、形が崩れてしまったり変な方向に癖がついてしまう可能性があるので、まつ毛パーマをしたらなるべくうつぶせ寝は避けましょう。

まつ毛美容液でケアをする

まつ毛パーマをしたら、まつ毛美容液でのケアが必要です。まつ毛パーマをしたまつ毛は、普段よりも少なからずダメージを受けている状態です。ダメージを受けたまつ毛は、抜けやすかったり、伸びにくかったり、まつ毛自体が細く痩せてしまう可能性があります。
そこで、日頃まつ毛美容液でケアをして、まつ毛に栄養を与えて保護することで、カールをなるべく長持ちさせることができます。

まとめ

まつ毛パーマは毎日の生活の中で、少し気をつけながら、工夫してメイクやクレンジングをすれば、自己ケアでキレイなカールを保つことができます。また、まつ毛パーマを繰り返すことで起きがちなまつ毛の痩せ細りも防ぐことができます。
まつ毛にとって一番大切なのは、抜け毛を防いで、健康な状態を保つことです。これで美しいまつ毛を手に入れて、まつ毛パーマライフを楽しみましょう!

関連記事のおすすめはこちら  「まつ毛 パーマ 逆さまつげ」専門サロンではカウンセリングに時間を掛けています